ひき肉少年の「少年の夢」
カレーでも中華でもないこれ!

白金高輪の「ひき肉少年」で「ひき肉ライス」を食べてきました。カレーライスでもなければ洋食でもない、中華のマーボードウフでもマーボーナスでもない、独自の鶏ひき肉餡を使った一皿。トッピングの華やかさも心おどります。

白金高輪駅からすぐの場所

ひき肉少年の「少年の夢」
お店の外観

ひき肉少年は地下鉄の白金高輪駅3、4番出口を上がってほんのすこし歩くとつきます。風変わりな看板が目印のカウンターだけの小さなお店。

ひき肉少年の「少年の夢」
ちょっと面白い看板

店内は不思議な置物やポスターが飾ってあります。食券購入方式で、お水はセルフサービスになっていますが、落ち着いた雰囲気。今回は1番人気という「少年の夢」を頼んでみました。価格は1,200円(税込)。

ひき肉少年の「少年の夢」
食券購入方式

ひき肉少年の「少年の夢」
メニューいろいろ

ひき肉少年の「少年の夢」
店内には不思議な置物が

ひき肉少年の「少年の夢」
こだわりいろいろ

ひき肉少年の「少年の夢」
お水はセルフサービス

ひき肉ライス「少年の夢」

ひき肉少年の「少年の夢」
ひき肉ライス

待っていると、まずはスープが到着します。やさしくやわらかな口あたりで、くせがなく、味つけは洋風、中華風いずれとも決めにくい印象です。

ひき肉少年の「少年の夢」
スープは洋風とも中華風とも決めがたいやさしい味つけ

続いて登場するひき肉ライスは、楕円形のお皿にピラフ風のご飯と鶏肉あんがきれいに盛りつけてあります。「少年の夢」ではさらに赤いトマト、白いチーズ、黄色いゆで卵がいろどり豊かなトッピングになっています。緑のハーブはパクチーで、アリ、ナシは注文時に好みで選べます。

ひき肉少年の「少年の夢」
ピラフ風のご飯

ひき肉少年の「少年の夢」
とろみをつけた鶏ミンチ餡

ひき肉少年の「少年の夢」
トマト!

ひき肉少年の「少年の夢」
卵!

ひき肉少年の「少年の夢」
チーズ!

ひき肉少年の「少年の夢」
パクチーはお好みで

さらにテーブル備えつけの調味料「特製にんにくタレ」「春巻きの皮フライ」を欲しいだけのせて食べるのです。

ひき肉少年の「少年の夢」
備えつけ調味料

ひき肉少年の「少年の夢」
こんな感じです

ひき肉少年の「少年の夢」
パリパリ春巻きの皮

ひき肉少年の「少年の夢」
鶏ミンチ餡のアクセントに

ひき肉少年の「少年の夢」
特製にんにくタレ

ひき肉少年の「少年の夢」
ご飯のひきたて役に

いったいどこのどういう料理なのかさっぱりわからないのですが、味はバランスよく、おだやかでかつ食べあきないできばえです。カレーやマーボーのような香辛料の鮮烈さはなく、ほっとする香りです。

ひき肉少年の「少年の夢」
まとめてほおばる!

パクチーはアリを選ぶと山ほどついてきますが、ご飯や餡と一緒に頬張っても、不思議とガパオライスのような東南アジア料理のエキゾチックな印象はなく、ほかのトッピングともうまくなじみます。にんにくタレも少量であれば味を引き立てる程度。パリパリの春巻きの皮も歯ざわりを楽しませてくれるだけで主張は強くありません。

あえて似ているものをあげるとすれば、タコライス、と言いたいところですが、タコミートのジャンクな押しの強さがありません。最後に頭に浮かんだのが、エジプトなど中東で食べる「コシャリ」です。特に春巻きの皮をたくさんかけると、どことなく西アジアのジャンクフード風に思えるのですが、でもやっぱりとろみのある鶏ミンチの風味はずっとやさしく落ち着ける味です。

ひょっとすると、これは、和食、なのかもしれません。