ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
カレーとステーキをまとめて食べる!

松屋のステーキ店「ステーキ屋松」が東京・下北沢に進出しました。三鷹店に続く2店目。下北沢に行き、カレーとステーキを同時に味わえるという「牛スジ煮込みのビーフカレー ステーキセット」を食べてみることに。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
下北沢店はビルの2階

ステーキ屋松 下北沢店は小田急線下北沢駅の東口を降りて南に下ったところ。ビルの2階にあります。人が集まる下北沢だけにスムーズにお店に入れるか不安でしたが、平日の11時台であれば並ばなくて済みました。入口の券売機でメニューを選び、先に食券を買うところは、牛丼の松屋と同じ。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
このマーク

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
券売機でメニューを選んで食券を買います

今回頼んだ牛スジ煮込みのビーフカレー ステーキセットは1,450円(税込)。とろとろに仕上げた牛筋に繊維質まで煮込んだ牛肉を欧風カレーに仕上げ、横にステーキを添えた肉づくしの料理。ワイン味のらっきょうと福神漬がついていて、さらにサラダバーとスープバーが楽しめます。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
先にサラダバーとスープバーを

ステーキとカレーが来るのを待つあいだまずサラダバーとスープバーへ。キャベツなどを千切りにしたサラダのほかにオレンジ色の細切りニンジン、黄色いコーン、そしてポテトサラダも食べ放題。スープはワカメの入ったシンプルな味つけです。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
ポテサラは余裕があればおかわりしたい味

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
キャロット・ラペ風で美味

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
ワカメスープ

ポテトサラダはころころジャガイモの食感が残してあって、お腹に余裕があるならおかわりしてもよい味です。細切りのニンジンは軽くビネガーで味がつけてあり、ドレッシングは不要。フランス料理のお店などで出てくる「キャロットラペ」のようなしあがりで、上品です。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
ステーキとカレー到着

サラダの味を見ているうちステーキとカレーが到着します。ステーキはレアで、熱した岩の上で好みの焼き加減に調整できます。カレーはトロトロの牛筋とゴロゴロの牛肉が混然となっていて、いかにも食べごたえがありそう。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
熱々の岩のプレートにのったステーキ

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
カットしてお好みの焼き加減に

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
カレーは肉がよく煮込んであります

別々に味わってもよいのですが、折角なのでカレーをご飯にかけたあと、カットしたステーキをのせて一緒に味わうことに。ルーは予想通りとろとろになって溶け込んでいく肉が口の中で崩れて、舌にうまみをしっかり伝えてくれます。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みカレー ステーキセット」
まとめてごはんの上に!

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
ステーキはとても噛み切りやすいやわらかさ

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
カレーは肉のうまみがしっかり

欧風ですがインドカレーに負けずスパイシー。ステーキはソースをかけなくてもルーと一緒にほおばるだけで十分おいしくなります。また焼き加減はレアでもミディアムでも、軽く歯を立てるだけで噛みちぎれるやわらかさです。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
ステーキ on カレー!

付け合わせのワインらっきょうはきれいな赤紫色で、風味も確かに赤葡萄酒がすこし香ります。甘味がありますがさっぱりしていて、ステーキと一緒にピクルスのように楽しめます。

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
つけあわせのワインらっきょうと福神漬け

ステーキ屋松「牛スジ煮込みのビーフカレー」
あざやかな赤紫。ピクルスみたいに楽しめます

カレーとステーキを一度に味わえる欲張りメニュー。下北沢でがっつり肉を食べたくなったら選択肢に入れて損はないできばえです。
ステーキ屋松 下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢2-14-2