回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

回転寿司の“テイクアウト”、利用したことはありますか?イートインすることが圧倒的に多いと思うんですが、テイクアウト寿司もかなりコスパが良くておすすめなんです!お店だとひと皿2貫(同じネタ)がデフォルトですが、1種類1貫ずつ入っているので色んなネタがたっぷり味わえてお得感も高め。

ということで、大手回転寿司チェーンのテイクアウト寿司をまとめました!食べ比べてみたのはスシロー、くら寿司、かっぱ寿司、はま寿司のテイクアウト寿司。各社とも定番セットから贅沢セットまで数種類用意されていますが、今回はもっともリーズナブルで手が出しやすい、かつ10種以上のネタが入ったお寿司のセットを比較してみました。

◆スシロー

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

購入したのは人気ネタ10種が入った「スシローセット10種」、価格は1人前(10貫)で600円(税別、以下同じ)。内容はまぐろ、はまち、えび、ほたて貝柱、いか、焼とろサーモン、玉子、えんがわ、軍艦ねぎまぐろ、いくらです。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

中でも特においしかったのは、軍艦ねぎまぐろ!ほわほわと食感の残るねぎまぐろは、「スーパーのお寿司じゃない、お寿司屋さんで食べるお寿司」感がすごくあります。とろけるうまみがたまらん!

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

ほたてやえんがわなど、絶妙に食べたくなるネタがラインナップされているのも嬉しい。全体的にこってり濃厚系のネタが多く詰め合わされている印象です。ネタもすべて鮮度が感じられ、シャリがほろっとほぐれるやわらかさなのも“寿司屋の寿司”らしくてよかった。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
ほたて

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
えんがわ

◆くら寿司

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

購入したのは、同じく人気のネタが詰め合わされた「人気10種セット」、価格は500円。内容は、まぐろ(赤身)、サーモン、えび、焼きはらす、甘えび、真いか、ねぎまぐろ軍艦、玉子、穴子、びんとろ。すべて1貫ずつ計10貫入っています。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

個人的に一番おいしいと思ったのは、焼きはらす!炙られた皮は香ばしく、身からは脂の甘みがたっぷりとろけ出します。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

甘いネタからうまみのネタまでバランスよく揃っていて満足。10貫あるとお腹も膨れるし、いろんな種類が味わえて500円とはなかなかお値打ちじゃないでしょうか?

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

◆かっぱ寿司

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

“選りすぐりの人気ネタ”が盛り込まれている「定番盛り」1人前12貫入りを購入。価格は590円です。内容はまぐろ、びん長まぐろ、えび、甘海老、真いか、サーモン、煮穴子、玉子、いくら、まぐろたたき、サラダ軍艦、コーン。スシローやくら寿司よりも1人前の数が多く、12種類入っています。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

一目見て思ったのは「軍艦多いな!」でした。だいたい1セットにつき2種類くらいがスタンダードだと思うんですが、ここには4種類います。いくら、まぐろたたき、サラダ軍艦、コーン。大人だけでなく子どもも楽しめるラインナップですね。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
まぐろたたき

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
サラダ軍艦

ちなみに久しぶりにコーンの軍艦巻きを食べたら、思った以上においしくてびっくりしました。とろみのある口あたりと、シャキシャキしたコーンの歯ざわりのギャップがニクい。子どもが食べるお寿司のイメージがありましたが、大人が食べてもおいしいんですね。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

なお、かっぱ寿司はシャリの握りがやや硬め。お箸で持ち上げても崩れにくくしっかりしています。

◆はま寿司

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

公式サイトのメニューにのっている「人気10貫」(650円)を購入しようとしたところ、今回利用した蒲田駅南店では扱っていないとのことで「人気12種セット」(770円)にしました。

内容は、中とろ、真いか、活〆まだい、まぐろ、大とろサーモン、大葉水だこ、あじ、えび、つぶ貝、穴子、玉子、いくらの12貫。人気10貫だと、ここから活〆まだいと穴子が抜かれた内容になります。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

他社にはなかった“光りもの”あじや、中とろが入っているのが嬉しい!やはり中とろはとろけるような脂の甘みとコクがあって、赤身とは一線を画す贅沢な味わいです。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
あじ

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
中とろ

また、あじの上にのったねぎや、まいかの上にのったおろしショウガ、玉子の下に敷かれた海苔、たこに合わされた大葉など、脇役の薬味がうまく機能していました。口の中をさっぱりリセットしてくれるので最後まで食べ飽きない。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ
いかの上にはおろしショウガ

全体的にこってり系とさっぱり系のネタのバランスがよく、通のラインナップといった趣き。あとパッと見、彩りや形が一番美しいと思いました。ネタの大きさもそろっていて、寂しさを感じなかった。

回転寿司チェーンの「テイクアウト」食べ比べ

以上です。どこのお寿司が一番気になりましたか?なお、4社ともテイクアウト寿司はすべてわさび抜き。醤油やわさび、甘だれなどは別添えで付けてくれますので、子どもがいるご家庭でも安心ですね。あらかじめ店頭や電話で予約しておけばスムーズに受け取れるので、ビジネスマンのランチにも使えますよ。

◆消費税増税後の価格について

増税後のテイクアウト商品の価格について、記事執筆時点(9月初旬)で問い合わせたところ、スシロー、くら寿司、はま寿司は「未定(検討中)」、かっぱ寿司は「イートインは10%、テイクアウト(席に着かず持ち帰るだけ)は8%の軽減税率適用となる予定。ただし変更になる可能性もあります」との回答でした。

正式に決定次第、スシローとくら寿司では公式サイトで発表、はま寿司では何かしらの方法で案内があるそうです。最新の詳しい情報は直接お店にお問い合わせくださいね!

※商品詳細はすべて記事執筆時点のものです。また、店舗や仕入れ状況によって内容は異なる場合があります