チロルチョコ「チロルご当地めぐり」

チロルチョコから、「チロルご当地めぐり」シリーズが4月15日に発売されます。価格は、7個入りで各130円(税別、以下同じ)。

これは、日本全国の有名ブランド4社とコラボレーションしたチロルチョコ。岩手県の銘菓「かもめの玉子」、愛知県発祥の喫茶店・コメダ珈琲店の看板メニュー「シロノワール」、広島県の銘菓「もみじ饅頭」、九州のソウルフードともよばれている佐賀県の「ブラックモンブラン」とコラボしています。

「かもめの玉子」は、黄味餡と黄味餡風味ペーストをかもめの玉子をイメージしたホワイトチョコで包んだもの。

「シロノワール」は、香ばしいデニッシュ風味チョコとソフトクリーム風味チョコでとろっとしたメープルソースとサクサクフィアンティーヌを包んで再現したもの。

「もみじ饅頭」は、しっとり食感のこしあんを、小豆風味ペーストと一緒に饅頭風味チョコで包んだもの。

「ブラックモンブラン」は、アイスと同じクッキークランチを使用し、ピーナッツと組み合わせたもの。

また、「チロルご当地めぐりディスプレイセット」も同時発売。40袋入りで、価格は5,200円。