サーモスの「真空断熱スープジャー」
サーモスの「真空断熱スープジャー」に新モデル

温かいスープも冷たいデザートも持ち運べる「真空断熱スープジャー」の新モデル「JBU-300/380」がサーモスから9月1日より販売される。

オフィスでも学校でも、家から持ってきた温かいランチや冷たいデザートがそのまま手軽に楽しめるのがうり。また高い保温力で保温しながら具材に熱を通す「保温調理」も可能で、弁当の準備が楽になる。

サーモスの「真空断熱スープジャー」
学校やオフィスに持っていける

今回は過去の人気モデルをもとに、手入れのしやすさに配慮して改良した新版を出した。食洗器対応の2ピース構造のフタをのうち内フタの底面をフラットにして、より洗いやすくしている。毎日使うものをきれいに保ちたい、という需要にこたえる工夫とのこと。

容量380mlの「JBU-380」は本体カラーがホワイト、レッド、ネイビーの3種類で、希望小売価格は4,500円(税別、以下同じ)。容量300mlの「JBU-300」はホワイト、レッド、グリーンの3種類で価格は4,000円となっている。