スタバに「スターバックス デリボックス バジルヌードル&ローストチキン」と「同 トムヤムヌードル&ローストポーク」
スタバ、新たなランチの選択肢

スターバックス コーヒーに、新たなランチの選択肢『デリボックス』が登場。「スターバックス デリボックス バジルヌードル&ローストチキン」と「同 トムヤムヌードル&ローストポーク」が、4月18日より各店で販売されます(一部の店舗をのぞく)。

スタバ初登場となるスターバックス デリボックスは、グレイン(雑穀)をトッピングした5種類の野菜や豆などの具材と、パスタ、肉を合わせて仕上げられたもの。バランスとボリュームの両方にこだわって開発されたそう。

バジルヌードル&ローストチキンは、イタリアンテイストなデリボックス。リングイネにたっぷりのバジルソースを絡めた香り豊かなバジルヌードルに、肉厚でジューシーなローストチキンが合わされています。レタス、サニーレタス、皮つきブラックペッパーポテトに7種類のグレインと赤ピーマンなどの野菜を使った“グレインマリネサラダ”がトッピング。添えられたトマトドレッシングは、ワインビネガーがきいたさっぱりとした味わいだとか。

一方トムヤムヌードル&ローストポークは、アジアンテイストなデリボックス。スパイシーなトムヤムソースをペンネに絡めたトムヤムヌードルに、肉厚なローストポークと、ハーフカットしたゆで卵が合わされています。レタスとサニーレタスに、レッドキドニー、きゅうり、紫キャベツを合わせ、押し麦ビーンズサラダをトッピング。シチリアレモンを使ったレモンクリームドレッシングが添えられています。

イートインはもちろんテイクアウトもできるので、屋外やオフィスでランチタイムを楽しむのにもぴったりです。価格は各620円(税別)。