明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク

『明治ザ・チョコレート』シリーズから、新フレーバー「可憐に香る ブリリアントミルク」が10月3日に発売される。想定価格は220~230円(税別)。

人気チョコシリーズに5月以来となる待望の新作が登場。シリーズ史上初めて、貴重なペルー産カカオを主に使ったフレーバー。

カカオの香味特性は大きく分けて「フローラル」「ロースト感」「フルーティー」の3種。その中でもペルー産は「フローラル」な香味を持つ数少ない貴重なカカオ豆だ。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
カカオ豆の特性によってチョコの風味が変わる

明治ザ・チョコレートシリーズにおいても、これまではロースト感またはフルーティといった特性のフレーバーが展開されていた。今回発売される「可憐に香る ブリリアントミルク」によりさらに世界が広がることとなる。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
フローラル系のフレーバーは初めて

パッケージカラーはイエロー。これはペルーでかつて黄金が多く発掘されたことにちなんでいるそう。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
イエローのパッケージは“黄金の国ペルー”から

カカオ分は55%の“ダークミルク”。ミルクを加えつつ砂糖は抑え、カカオを多く使った明治が提唱する新ジャンルのチョコレートだ。“ミルキーだけどビター”な味わいが楽しめる。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
今回より「ダークミルク」表記を開始

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
おなじみ、風味の変化を楽しめるブロック形

口にするとなめらかに口どけ、濃厚な味わいが広がる。ほんのりとしたビター感に甘さとミルクのまろやかさが際立つ。

香りはまさに花や紅茶のように甘やか。カカオのコクとマッチし、品よく穏やかながらも確かな風味が楽しめる。くせがないのでコーヒーや紅茶、緑茶などお好みのドリンクと合わせて。リラックスタイムにもおすすめ。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
香りの甘さで、実際より甘く感じるかも?

また今回の新作発売を記念して明治は、ペルー大使館と合同で発表イベントを開催。カカオ豆の栽培や発酵など現地の農家をサポートする明治に対し、ペルー大使から感謝状が贈呈された。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
明治・川村社長とペルー大使館・フォルサイト大使

ペルーだけではない。明治は「メイジ・カカオ・サポート(MCS)」として、エクアドルやブラジル、ドミニカ共和国、ガーナなどのカカオ生産国で栽培や発酵法の指導、農機材の設置などを通し生産者を支援している。

これにより世界全体のチョコレートの消費量増加に伴う供給不足を解消し、生産者の環境改善を目指す。“チョコレートに関わる人すべてを幸せに”という思いが込められているそうだ。

より深まる明治ザ・チョコレートの世界。新作もぜひご賞味あれ。

明治ザ・チョコレート 可憐に香る ブリリアントミルク
10月3日、いよいよ発売!