サークルKとサンクスの各店で、創業450年の京都宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」が監修したスイーツ5品が9月15日に発売される。

2013年に発売され好評だった「上林春松本店監修 抹茶メロンパン」が復活するほか、「シェリエドルチェ×上林春松本店監修 抹茶クリームあんみつ」「同 抹茶わらび餅」「同 抹茶シュークリーム」「同 窯出しとろける抹茶プリン」がラインナップ。

抹茶メロンパンは、生地とホイップクリームに上林春松本店の宇治抹茶を使ったメロンパン。抹茶のほろ苦さにより、味に深みが出ているそう。ビスケット生地にはパールシュガーが練り込まれており、表面はサクサク、中はふんわりとした食感が楽しめるとか。価格は138円(税込、以下同じ)。

生地にもクリームにも宇治抹茶を
生地にもクリームにも宇治抹茶を

抹茶クリームあんみつは、抹茶の豊かな香りを生かした角切り抹茶寒天と、抹茶入りホイップクリームを使ったあんみつ。粒あん、フルーツのシロップ漬け(みかん、パイン、チェリー)、白玉がトッピングされている。価格は298円。

老舗茶舗が監修した和スイーツ
老舗茶舗が監修した和スイーツ

抹茶わらび餅は、わらび餅に、香り豊かな抹茶粉をまぶして仕上げたもの。別添えの黒蜜をかけても楽しめる。価格は260円。

お好みで「くろみつ」をかけて
お好みで「くろみつ」をかけて

抹茶シュークリームは、シュー生地の中に抹茶クリームとホイップが入った“ダブル”シュークリーム。洋酒を加えることで、抹茶の風味がより引き立てられているとか。価格は150円。

抹茶とホイップのマリアージュ
抹茶とホイップのマリアージュ

窯出しとろける抹茶プリンは、抹茶と牛乳を加えて仕上げた“とろける食感”のプリン。抹茶の苦みと香りが楽しめるそう。価格は198円。

抹茶がとろける窯出しプリン
抹茶がとろける窯出しプリン