ゴールデンパインを使用したフルーツビール「パイナップルエール」が、サンクトガーレンから4月23日に発売される。販売期間は9月末までの夏季限定。

泡までほんのり甘いフルーツビール「パイナップルエール」
泡までほんのり甘いフルーツビール「パイナップルエール」

「パイナップルエール」は、手切りのゴールデンパインが使われた夏季限定のフルーツビール。麦汁(ばくじゅう:発酵前のビール)を果実とともに発酵させることで、泡までほんのり甘いパイナップル風味に仕上げられている。濃縮果汁・香料不使用で、アルコール分は4.8%。

ゴールデンパインは、デルモンテの管理農園で栽培、横浜の工場内で手切りされたもの。「パイナップルエール」の仕込み1回(小瓶換算6,000本分)につき約600kg が使用されているそう。

パイナップルは手作業で丁寧にカット
パイナップルは手作業で丁寧にカット

1本330ml 入り、価格は429円(税別)。同社オンラインショップ、横浜そごう、横浜タカシマヤなどで販売される。