キリンビールとセブン&アイ・ホールディングスは、“フレーバービアスタイル”の発泡酒「キリン フレビア レモン&ホップ」を共同開発したことを発表。11月25日より、全国のセブン&アイ・ホールディングス各社の酒類取り扱い店舗で先行販売する。

共同開発された「キリン フレビア レモン&ホップ」
共同開発された「キリン フレビア レモン&ホップ」

「キリン フレビア レモン&ホップ」は、“ホップのさわやかな香りをレモンが引き立てる、フレーバービアスタイルの発泡酒”がコンセプト。厳選したホップやレモンを使用し、香り・甘さ・後味のベストバランスを実現したそうだ。

11月19日に都内で開かれた記者発表会では、開発を担当したキリンビールの中川紅子氏とセブン&アイ・ホールディングスの吉村典子氏が登壇。中川氏は「若い人やビールが苦手な人も楽しめる味を目指した」と説明。アンケート調査をもとに素材や製法を工夫することで、苦味を抑えつつも発泡酒らしいキレのある味わいに仕上げたとのこと。また吉村氏は「スッキリした味わいで、フルーツなど意外な食べ物にも合う」として、クリスマスパーティーなどの場で新しい飲み方を楽しんでほしいと話した。

記者発表会の様子
記者発表会の様子

会場では、「キリン フレビア レモン&ホップ」のメインターゲットである20代の男女6名が試飲に参加。「ビール特有の苦味や匂いがなく、さわやかな味」「パッケージがおしゃれで良い」といった意見が寄せられた。

1本300ml 入りで、店頭価格は213円(税込)。販売店は全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武、シェルガーデンの酒類取り扱い店舗。