マクドナルドとポケモンゴ―がコラボ

本日(7月22日)国内で開始されたアプリケーションゲーム「Pokemon GO(ポケモン ゴ―)」と日本マクドナルドがコラボレーション。国内の店舗(一部をのぞく)が同ゲーム内に「ジム」や「ポケストップ」として登場する。

ポケモン ゴーとは、位置情報を利用したモバイル向けのアプリケーションゲーム。現実世界そのものを舞台として、プレイヤーが実際にポケモンを捕まえたり、バトルしたりすることができる。

大きな特徴は、現実世界とゲーム内でのプレイヤーの位置情報が連動する点。プレイヤーが現実世界で移動すると、ゲーム内でも同様に移動するようになっている。現実世界を歩くことでゲームが進んでいく、「リアルワールドゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームだ。

今回のマクドナルドとポケモンゴ―のコラボでは、国内のマクドナルド約2,900店舗が、ゲーム上のマップに登場。うち約400店舗はポケモン同士を戦わせる「バトル」が行われる「ジム」に、残る約2,500店舗はモンスターボールなどのアイテムが入手できる「ポケストップ」となる。