カラス肉を使ったミートパイ

狩猟で獲った鳥や獣の肉“ジビエ”。これを使った“ジビエ料理”が近年流行中です。

そんななか、東京・新宿のジビエ料理店「新宿肉区 パンとサーカス」および系列の2店舗が、ジビエ料理をテーマとしたアプリゲーム「ハントクック」とコラボレーション。ゲーム中に登場する「カラスのミートパイ」「イノシシ丼」などを再現したメニューを、6月8日~7月31日の期間限定で提供中です。以下、ラインナップの一部をご紹介。※価格は全て税込

・カラスのミートパイ 3,500円

日本では食用としてはなじみのないカラスですが、フランス料理では高級食材として扱われているそう。鉄分が豊富で、鴨に近い味わいなのだとか。こちらに使うカラス肉は、長崎または大分から仕入れられています。

パンとサーカス カラスのミートパイ
「カラスのミートパイ」

口にすると広がる、ホクっとしたジャガイモの食感とジューシーでコクのある肉汁。カラスと聞いてイメージするクセやくさみなどはなく、上品な味わいです。1日5食限定。

・うさぎのロワイヤル 2,600円

ウサギ肉と豚肉を合わせたテリーヌに、濃厚な赤ワインソースをかけて仕上げた一品。ソースにはウサギの血も使われています。

パンとサーカス ウサギ肉を使ったテリーヌ
「うさぎのロワイヤル」

テリーヌはほろっとほどける食感。コクのあるソースと肉の旨みが織りなす、複雑な味わいが楽しめます。ちょっと値は張りますが、それに見合う手の込んだおいしさです。各店1日3食限定。

・イノシシ丼 1,400円

甘辛く味付けたイノシシ肉と、とろとろのタマゴをご飯にオン。脂まで旨みのあるイノシシ肉に甘辛い味付けが相性抜群で、ご飯が進みます。

パンとサーカス イノシシ丼
「イノシシ丼」

もちろん料理だけ食べても美味しいのですが、ゲーム内で獲物を狩り、肉をさばき、調理したことを思いながら食べると感動もひとしお。コラボメニューはゲーム序盤に登場するものもあります。来店前にゲームをプレイしておけば、料理をよりおいしく味わえること間違いなしですよ。

ハントクック ステッカー
注文時にアプリ画面を見せると、可愛いステッカーも貰える!

【実施店舗および各店の提供メニュー一覧】
・新宿肉区 パンとサーカス(新宿):カラスのミートパイ、うさぎのロワイヤル、鹿肉のスモーク山椒風味、ワニカルパッチョ
・獣肉酒家 米とサーカス(高田馬場):イノシシ丼、フライドワニ手羽、ジビエ麻婆豆腐
・肉屋カーニバル(下北沢):うさぎのロワイヤル、鹿肉のスモーク山椒風味、ワニカルパッチョ