渋谷ヒカリエのカフェ&レストラン(6・7階)と、6人の有名シェフがコラボレーション。「渋谷ヒカリエ×CHEF-1(シェフワン) スターシェフによる、渋谷ヒカリエ美食革命」が2月29日まで開催されています。対象の店舗では、今しか味わえないスペシャルコラボメニュー全19品がラインナップ。

ただのコラボじゃないんだぜ…
ただのコラボじゃないんだぜ…

ヒカリエとタッグを組んだのは、フィリップ・バットンシェフ、山田宏巳シェフ、山下春幸シェフ、辻口博啓シェフ、陳建太郎シェフ、茂出木浩司シェフ。しかも今回は“料理のジャンル”という垣根を超えた、普段はなかなか口にできないレアな品々が登場しています!

そこで全19品のコラボメニューの中から、えん食べ編集部が独断と偏見で選んだ「これぞ!」という注目メニュー6選をお届けします。

●茂出木シェフの“マカニョッキ”

かの有名な老舗洋食店「たいめいけん」の3代目・茂出木浩司シェフとコラボしたビストロ&バー「タコニョッキ」。ここで提供されているのが「たいめいけん直伝ホワイトソース使用!淡路タコのラグーソースと海の幸の“マカニョッキ”グラタン 生ハム添え」(1,944円、税込、以下同じ)です。

茂出木シェフ×タコニョッキ
茂出木シェフ×タコニョッキ

たいめいけん“秘伝”のベシャメルソースを使ったグラタンと、店名の「タコニョッキ」が合体。マカニョッキとは、マカロニ(小麦粉)のニョッキのことだそうです。

マカニョッキはふわふわモチモチ、具材のタコやエビはプリップリで食べごたえ満点!とろけるソースに程よい塩気とうまみを与える生ハムも相性抜群です。

●陳シェフの“和風”担々麺

中国(四川)料理の料理人である陳シェフとコラボした、和食・甘味・酒宴のお店「茶寮伊勢 藤次郎」。ここで提供されているコラボメニュー「伊勢坦々(汁無し釜揚げ)」(1,480円)は、特に辛いもの好きの人におすすめ。

陳シェフ×藤次郎
陳シェフ×藤次郎

“担々麺”と聞くと、中太麺に炒めたひき肉をのせたアレをイメージされるかと思いますが、これは違います。伊勢名物「伊勢うどん」に「伊勢牛」のしぐれ煮をたっぷりと盛り付けた、いわば和の担々麺。

極太うどんはつるりと口あたりがよく、噛むとむっちむち!淡泊な味が、甘辛いしぐれ煮とよく合います。食べ進めるほどに本場・四川ならではの“しびれる辛さ”が追いかけてきて、お箸が止まらない!

●バットンシェフの“洋風とんかつ”

“フレンチの巨匠”バットンシェフとコラボした「とんかつ まい泉」。コラボメニューは「ミルフィーユかつ ソース ヴァンルージュ」(1,600円)です。エメンタルチーズとしそ、梅を添えたミルフィーユとんかつに、ヴァン・ルージュ(赤ワイン)ソースをかけて仕上げたもの。

バットンシェフ×まい泉
バットンシェフ×まい泉

「とんかつって、こんなオシャレな味になるんだ…!」と思わせられる贅沢な一品。ジューシーなお肉のうまみが広がると同時にしそが爽やかに香ります。和食のはずなのに洋風な仕上がり。サクサク香ばしい衣と赤ワインのソースも良く合います。

●山下シェフの“フォアグラもつ鍋”

東京ミッドタウンにある「HAL YAMASHITA」のオーナー・山下シェフとコラボしたラーメンダイニング「博多 うま馬」。コラボメニューは「ごろっと柚子とフォアグラの新博多風もつ鍋」(1,980円)です。

山下シェフ×うま馬
山下シェフ×うま馬

濃厚な牛もつに、まさかの“フォアグラ”を組み合わせた贅沢なお鍋。柚子をきかせた九州醤油だしを合わせてあります。フォアグラはこってりなめらかで、トロトロのもつに劣らない濃厚さ。でも、柑橘の爽やかな香りのおかげでしつこさは感じません。スープも全部飲み干したくなるほど美味!

●辻口シェフの“さっぱり杏仁豆腐”

日本が世界に誇るパティシエである辻口シェフとコラボした、韓国料理「渋谷 水刺齋(スランジェ)」。コラボメニューは見た目も華やかな「真冬の果実 ~ポップンジャ(木苺)杏仁豆腐~」(580円)です。

辻口シェフ×スランジェ
辻口シェフ×スランジェ

スランジェの人気デザート“杏仁豆腐”を辻口シェフがアレンジ。鮮やかな赤いフランボワーズ(木苺)ソースやムースが重なり、層仕立てになっています。もっちりとろける口どけとともに、ミルキーな杏仁の甘み、さっぱりとしたベリーの酸味が口の中で混ざり合う極上のマリアージュ。

●山田シェフの“逆さ寿司”

“日本におけるイタリアンのパイオニア”ともいわれる山田シェフとコラボした、回転寿司店「まぐろ問屋 三浦三崎港 恵み」。提供メニューは「史上初コラボ!」と銘打たれた「ヒロすし三点盛り」(1,522円)です。

山田シェフ×三浦三崎港 恵み
山田シェフ×三浦三崎港 恵み

イタリアンシェフが考案したお寿司だけあって、見た目からして斬新!ネタの上にシャリがのった鮭とイクラの“逆さ寿司”、焦がしバターで味付けをしたイカの握り、マグロをタルタルに仕立てたトリュフ風味の軍艦巻きの3つがプレートに盛り合わされています。

実は私、試食会でこれだけ食べ逃してしまったのですが…(すみません…)、山田シェフご本人が「めちゃくちゃおいしい」と言っていたので間違いないと思います。

このほか、店舗ごとの提供メニューは次のとおり。

・茂出木シェフ コラボメニュー
Cafe&Grill SIZZLe GAZZLe「タンポポオムライスといろいろ茸のリゾット トリュフの香り」(1,880円)
iBeer LE SUN PALM「ビールに合う!MAXスパイシー!ポークジンジャー」(昼1,491円、夜1,167円)

・陳シェフ コラボメニュー
博多漁家磯貝 しらすくじら「くじら竜田揚げ~朝天唐辛子炒め~」(950円)
横浜中華街 招福門「豆花牛肉麺(とーふぁーにゅーろうめん)」(1,566円)

・バットンシェフ コラボメニュー
パパイヤリーフ東京「ブイヤベースのフォー ほのかなトムヤム風味」(1,680円)
LA LOBROS「マッシュポテトのチーズオーブン焼き 十勝ハーブ牛のミートソース仕立て」(1,490円)

・山下シェフ コラボメニュー
CAPRICCI「冬の魚介と九条葱のソース 白みそ風味ゆずを練り込んだ自家製シャラティエッリ」(1,512円)
Bar Espanol LA BODEGA「ふぐと焼き白子のブランコパエリヤ 柚子パルメザン風味」(1人前2,300円)

・辻口シェフ コラボメニュー
鉄板焼 お好み焼 かしわ「アッシュ・カスタード・モナカ」(630円)
京洋食 あかつき「和ショコラパフェ」(1,180円)

・山田シェフ コラボメニュー
Rice people, Nice people!「鱈の白子とパクチーのパッタイ」(1,480円)
SESTO SENSO H「高知県産フルーツトマトの冷製カッペリーニ 魚介のフリットを添えて」(1,950円)
FLOWERS Common「国産牛のラグーソースオムライスw/グリュイエールチーズソース」(1,706円)

どのメニューも気になってひとつに絞れない!という方でもご安心ください。コラボメニューは2月末まで提供されていますので、何度でも食べに行けばいいのです。それぞれのシェフの情熱が込められた美食メニュー、この機会にぜひ味わってみてくださいね。