カップ焼きそばを食べるときには、「お湯を注いでから3分間(または5分間)待たなければならない」というルールがあります。“かた麺”が好きな筆者の場合は、1分半を経過した時点で容器を斜めに傾けてしまうのですが、流し台の前で過ごすこの1分半は、空腹であればあるほど、長くつらく感じられるものです。…ですよね?

 

「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O 1ミニット」

「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O 1ミニット」

 

そんな地獄の苦しみから私たちを開放してくれる新商品、日清食品「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O 1ミニット」の2品が、2012年10月1日に全国発売されます!“全国発売”というのは、この2品、実は7月9日から関東甲信越・静岡地区で先行販売しているものなのです。見たことがある、という人もいるのではないでしょうか?

 

この2品は、商品名の通り、“1ミニット”で湯切りをすることができます。熱湯1分で戻るという“新開発の麺”を使い、1分戻しでありながら、しなやかでコシのある麺となっているそうです。「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O 1ミニット」ともに170円(1食/税別)。

 

湯切りやすそうな容器

湯切りやすそうな容器

 

「1分間待てばいい」と言われたら30秒でお湯を捨ててしまいそうな筆者ですが、その30秒もまた永い時間になるのでしょうか…。ともかく、今までよりも早く調理(?)できるのはとても嬉しいことです!流し台のシンクに熱湯を流して「ベコンッ」とさせる作業も捗りますね!