採れたばかりの野菜や、焼きたてアツアツの料理、注ぎたての生ビール。“できたて”が美味しいものってたくさんありますよね。きっとアイスクリームだって…!

でも、“できたて”のアイスって見たことがないように思います。スーパーなどで手に入るカップアイスは、製造から日が経ってしまっていることは言わずもがな。アイスクリームショップでも、陳列棚から選ぶので“できたて”ではありません。

そんななか、“できたて”のアイスクリームが食べられるショップがあるという情報をキャッチ。白い煙の中から現れるアイスがとにかくウマイらしいのです。さっそく東京・原宿にある「196°(ワンクロ)アイスクリーム」に行ってきました。

“できたて”アイスの秘密とは!?
“できたて”アイスの秘密とは!?

店舗は、原宿駅を降りてすぐの裏路地、大行列ができている「ギャレットポップコーンショップ」の裏手あたりにあります。ジャニーズオフィシャルショップの目の前。白い外観と、壁にかかった大きな黒い幕(?)が目に入るはず。

白い外観と大きな黒い幕が目印
白い外観と大きな黒い幕が目印

手前はテラスのような客席になっていて、奥に進むと販売カウンターがあるのですが…アイスが全く見当たりません。かわりに並んでいるのは白い機械たち。冷凍する機械もなさそうなのに、どうやってアイスができるの?

コーヒーショップみたい
コーヒーショップみたい

ともかく、“注文を受けてから作る”そうなので、作ってもらいましょう。「プレミアムミルクください!」

まず店員さんが用意したのは、すき間から白い煙がもれ出ている銀色の容器と、“アイスの素”と思われる乳白色の液体。アイスの素を機械に入れ、スイッチを入れると回転し始めました。そこに、銀色の容器から計量カップに移し変えた透明な液体を入れると・・・。

アイスの素を入れて、
アイスの素を入れて、

アヤシイ物体も入れると…
アヤシイ物体も入れると…

白い煙がもくもくと立ちこめ、あたり一面真っ白に!心なしか冷気もただよってくる気がします…。理科の実験みたい。

!!!????
!!!????

煙が消えたら液体を入れるという工程を数回繰り返し、スイッチをオフに。ボウルの中をのぞきこんでみると、アイスクリームらしきものができているじゃないですか!

煙が消えたらできあがり
煙が消えたらできあがり

固まってる!
固まってる!

これを、アイスを丸くすくうアレ(どうやらディッシャーというらしい)ですくい、カップに盛り付けて完成。スプーンをつけて渡してくれます。所要時間は1分と少しくらい。これが“できたて”アイスクリーム…!

これが“できたて”アイスクリーム!
これが“できたて”アイスクリーム!

ひとくちすくって食べると、ほどよい柔らかさのアイスが舌の上ですっと溶け、ミルクの甘みだけが残ります。よく知っているアイスクリームでもなく、ジェラートでもなく、不思議な食感。なめらかすぎて“氷の粒”が全く感じられません!

“素材も新鮮なものを”と、選ばれたのは「東京牛乳」。東京・多摩地区で毎日数量限定で生産されているもので、コクや粘度などが理想にピッタリだったそうです。余分な乳化剤や保存料も入っておらず、新鮮な牛乳と生クリーム、砂糖と、隠し味の練乳で仕上げられているのだとか。

濃厚だけど後味はさっぱり。これまで食べたどのアイスとも違います。これが“できたて”の味、そして新鮮な素材の味…!

素材も作り方もフレッシュなアイスなんです
素材も作り方もフレッシュなアイスなんです

この“できたて”が楽しめる秘密は、投入されていた白煙を生み出す液体「液体窒素」にあります。「バナナを液体窒素につけるとハンマーみたいにカチコチに凍る」実験を見たことがある人も多いのでは?

液体窒素がマイナス196度で気化するという特性を利用したもので、液体からでも一気に凍らせることができるそう。これが店名の由来?窒素はもともと空気中の約8割を占めているため、液体窒素で凍らせた食品を食べても安全なのだそうです。レストランやバーのパフォーマンスでも取り入れられたりしています。

液体窒素の力、おそるべし
液体窒素の力、おそるべし

現在販売されているフレーバーは、プレミアムミルクのほか、人気チョコレート「HERSHEY'S」を使った「スイートショコラ」、アップルマンゴーがトッピングされた「クリーミーマンゴー」と、季節限定の「しろくまアイス」。

スイートショコラ
スイートショコラ

しろくまアイスには、冷凍された冷たいフルーツとあずきがのっていて、華やかな見た目。さらにレモンジュレをかけて仕上げられています。ベースのアイスはミルク味ですが、プレミアムミルクとは配合を変えてあるそうで、ややさっぱりしています。レモンジュレとの組み合わせがとても美味しいのでオススメ。でも1回目はシンプルなプレミアムミルクを食べてほしいので、2回目以降に。

フルーツごろごろ「しろくまアイス」
フルーツごろごろ「しろくまアイス」

ウワサによると、海外から液体窒素で作るアイスクリームショップが日本へやって来るという話も。“上陸グルメ”の話題で盛り上がる前に、日本生まれの“できたて”アイスをチェックしておきましょう!