青い空、眩しい日差し、額から流れる汗、汗、汗!そろそろ冷たいアレが食べたいわ!!そう思って勢い良く冷凍庫を開けたら何もありませんでした。

と、いうことで、お取り寄せしたのは、アメリカから進出し沖縄県に本社を置くフォーモスト ブルーシールのアイスクリームです。

ブルーシール「うちなートリオC」

ブルーシール「うちなートリオC」


今回は、紅イモ/サトウキビ(黒糖)/マンゴシャーベットのセット「うちなートリオC」(各4個、合計12個入り ¥3,150)を選びました。まさに沖縄’n フレーバー!

紅イモ/サトウキビ(黒糖)/マンゴシャーベットのセット「うちなートリオC」
紅イモ/サトウキビ(黒糖)/マンゴシャーベットのセット「うちなートリオC」


ハイサイ(こんにちは)。はるばる遠方からよくぞお越し下さいました。ニヘーデービル(ありがとうございます)。

ご挨拶も済んだところで、さっそくいただきましょう。

紅イモ/サトウキビ(黒糖)/マンゴシャーベットのフタを開けてみた
紅イモ/サトウキビ(黒糖)/マンゴシャーベットのフタを開けてみた


3種類とも自然で控えめな色みで見た目はいたってシンプルですね。

まずはきれいな薄紫色が目を引く紅イモフレーバーから食べてみます。

紅イモフレーバー
紅イモフレーバー


すくった感触は柔らかく、舌触りはまろやかで滑らか。甘いおイモのテイストはしっかりしていますが、後味は意外にさっぱりしています。沖縄特産の紅イモの風味がしつこくなく素朴な味わい。プレーンのクッキーや温めたスコーンに乗せても楽しめそうです。

お次は、これまた珍しいサトウキビ(黒糖)フレーバーを試してみました。

サトウキビ(黒糖)フレーバー
サトウキビ(黒糖)フレーバー


黒糖の上品なコクのある甘みとふくよかなミルクテイストが口の中に広がります。冷たさが喉を過ぎた後でも黒糖の味と香りの余韻に長く浸る事ができ、濃厚な味がお好きな方にはおすすめの一品。

最後にマンゴシャーベット。シャーベットと銘打っているからにはジャリジャリと食感が固めなのかと思いきや、とてもまろやかで舌の上でゆっくりと溶けていきます。味も香りも濃いマンゴー果汁が感じられ、マンゴー好きにはたまりません。

以上、3種類のフレーバーをご紹介しました。ここでまめ知識をおひとつ。今回お取り寄せしたアイスクリームの提供元フォーモスト ブルーシールは、1948年に沖縄の米軍基地に従事するアメリカ人に乳製品を供給するための施設として、基地内に工場を創業したとのこと。60年以上経った今では沖縄の人に親しまれる地元のアイスクリームに育っているんですね。

クワッチー サビタン(ごちそうさまでした)。