世界の料理をイメージしたオリジナルパンケーキが楽しめる期間限定イベント「パンケーキツアーズ “世界のパンケーキ食べ歩き”」が、3月4日に始まりました。海外で祝われている「パンケーキの日」(今年は3月4日)を日本でも楽しもうというものです。

「パンケーキの日」の 発祥は、イースターに備えて食材を使いるためにパンケーキを焼いたことだとか。イギリスでは「パンケーキレース」が開催されるなど、現在も各地 にパンケーキを楽しむ習慣が残っています。日本ではなじみのない祝日ですが、パンケーキが広まったこともあり、ブームで終わらせずに文化として定着させた いと、スイーツブロガー・あまいけいきさんらが今回のイベントを企画しました。

これらのコンセプトに賛同した都内の7店舗が、オリジナルパンケーキを開発して参加。3月31日まで、計6か国の料理をイメージした“世界のパンケーキ”が楽しめます。

“世界のパンケーキ”はどんな味?
“世界のパンケーキ”はどんな味?

イベントは、スタンプラリー形式で開かれています。各店舗でパンケーキを注文するともらえるスタンプを5つ集めると、パンケーキ型のかわいいストラップがもらえます。トッピング無料、ワンドリンクサービスなどのお得な特典が、半年間各店舗で受けられるというスグレモノ。先着100名限定なので、パンケーキをよく食べに行くという人はチャレンジしてみて。

1店舗だけでも、ホテルのペア宿泊券やパンケーキクッションなどがあたる抽選に応募できます。台紙はイベント公式 Web サイトからダウンロードできるので、忘れずに印刷して持っていきましょう!

台紙の印刷を忘れずに!
台紙の印刷を忘れずに!

それでは、参加している店舗とメニューをご紹介します。

アメリカ(ハワイ)をイメージしたパンケーキが提供されるのは「カフェ バニヤン」(原宿・表参道)。ハワイの名産・パイナップルをふんだんに使った「ビッグアイランドパンケーキ」(1,380円)が用意されています。パイナップルピューレを練り込んだ生地、キャラメリゼしたパイナップル、オリジナルのパイナップルバターと、パイナップル尽くしのメニューです。

パイン尽くしの「ビッグアイランドパンケーキ」
パイン尽くしの「ビッグアイランドパンケーキ」

「ジェイドファイブ」(広尾)では、アメリカで広く知られるダークチェリーを使った「ダークチェリーパンケーキ」(950円)が楽しめます。鮮やかな色合いと、あまずっぱいフルーツソースが特徴。ニューヨークをイメージしたメニューなのだそうです。

ダークチェリーで鮮やかに
ダークチェリーで鮮やかに

インド料理店「ソウルフード インディア」(水道橋)では、チャパティをカレーとメイプルシロップで楽しむ甘じょっぱい「パンケーキインディア」(980円)が提供されています。インドでは甘いものを食べる習慣があまりないそうですが、家庭でよく作られるチャパティをパンケーキ風にアレンジしたそうです。

全粒粉+塩+水だけで焼き上げた、シンプルなチャパティ
全粒粉+塩+水だけで焼き上げた、シンプルなチャパティ

フランスをイメージしたのは、チーズフォンデュ風にアレンジして食べる「チーズフォンデュパンケーキ」(1,200円)。MOGMOG(下北沢)で楽しめます。こだわりのチーズで仕上げられた“お食事パンケーキ”とのこと。

チーズをつけて“お食事パンケーキ”に
チーズをつけて“お食事パンケーキ”に

イタリアらしくトマトをあしらった「パンケーキフルッタ」(980円)は、「マンジェ・ササ 自由が丘店」(九品仏)で提供されているメニュー。生地にトマトを練り込み、高知県産のフルーツトマトやいちごをトッピングして仕上げられているそうです。

生地にもトマト!
生地にもトマト!

日本風のアレンジパンケーキは、「ココノマ シーズン ダイニング」(六本木)で楽しめる「ココノマパンケーキ禅」(800円)。生地に抹茶を練り込み、黒蜜とあんこをトッピングし、和と洋が融合した味わいに仕上げられているそうです。

和の食材でアレンジ
和の食材でアレンジ

そして7店目は、イギリス風パンケーキ「クランペット」が提供される「シェフズ ライブ キッチン」。ホテルインターコンチネンタル東京ベイ内にある同店では、デザート&ライトミールブッフェ(15時~16時45分)、ディナーブッフェ(17時30分~22時)で、トッピングをカスタマイズするクランペットが楽しめます。

ブッフェコーナーの一角に、アツアツのクランペット生地と、ベリーソースなど定番のフルーツ系、きなこアイスなどの和素材、ホイップクリームやチョコレートソースなどのトッピングが用意されています。ブッフェスタイルなので、もちろん食べ放題。ほかの料理も合わせて楽しめそうです。

自分でカスタマイズ&食べ放題
自分でカスタマイズ&食べ放題

3月3日に開かれた試食会では、「ベリーソース+アサイーのエスプーマ」「焼リンゴ+メイプルシロップ」の2種を試食しました。クランペットは、酵母を入れて発酵させた生地で作るため、モチモチの食感に焼き上がっています。生地は甘くなく、強く主張しない味なので、甘いトッピングにも酸味の効いたトッピングにもよく合います。

どんなトッピングでも楽しめる
どんなトッピングでも楽しめる


モチモチ生地は不思議な食感
モチモチ生地は不思議な食感

このほか、レシピサイト「シェフごはん」では、各パンケーキの家庭向けレシピも公開されています。お店で食べて美味しかったレシピを、家庭でも再現してみる…そんな楽しみ方もできそうです。店舗やメニューの詳細は、パンケーキツアーズ公式 Web サイトで確認してください。“世界の味”を楽しめると同時に、いろいろな店舗の味もお得に楽しめるイベントをお見逃しなく!