日本航空(JAL)の国際線欧米路線(一部を除く)のプレミアムエコノミー・エコノミークラスで、人気の機内食『AIRシリーズ』の第9弾「AIR くまモン」が、6月1日に提供開始される。

くまモンの機内食だモン!
くまモンの機内食だモン!

今回登場する「AIR くまモン」は、熊本県の人気キャラクター「くまモン」が、容器・トレイマット・リーフレットなどにデザインされた機内食。くまモンの生みの親であるクリエイティブディレクター・水野学さんが、今回の「AIR くまモン」のためにデザインしたそうだ。7月~8月の夏休み期間には、子ども用機内食に、別途特別にデザインされたトレイマットも付属するとのこと。

「子ども用トレイマット」もかわいい!
「子ども用トレイマット」もかわいい!

メニューには、熊本県でもっとも親しまれているというご当地グルメ「太平燕(タイピーエン)」が採用された。熊本市の老舗中華料理店「紅蘭亭(こうらんてい)」の葉山料理長監修のもと、JAL 機内食だけのオリジナリティあふれる一品に仕立てられており、別添えの具材(揚げたまご、棒棒鶏、レタス)を入れて、“できたてのおいしさ”を味わえるそうだ。

また、太平燕の春雨を食べた後のスープには、別皿に用意される“焼きおにぎり”を入れて食べられる。デザートには、熊本県のお菓子メーカー『熊本菓房』による「くまモンカスタードケーキ」も付属するとのこと。

AIR くまモンは、8月31日までの提供予定。成田発「ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンディエゴ、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ」で提供される。ヘルシンキ線のみ7月1日から提供開始。