いちごの里」(栃木・小山)にある、いちごのスイーツや栃木県産素材を活かしたフードやドリンクを提供するカフェ「アンジェ・フレーゼ」で、いちごをたっぷり使った「パフェ」「パンケーキ」が販売されている。

「いちごの里」は、日本一のいちご生産量を誇る栃木県において、年間20万人以上が来場する『いちご狩り体験農園』。年間を通じて国産のいちごを収穫することができる観光農園施設で、いちごを使ったスイーツの販売やいちごを使った料理を提供している。カフェ「アンジェ・フレーゼ」は、“自家農園で採れるフルーツや野菜など地産の素材を楽しむこと”をコンセプトに昨年11月にオープン。女性からの人気が高く、県外から訪れる人も増えているそうだ。

 

「いちごたっぷりパンケーキ」

「いちごたっぷりパンケーキ」

 

同店の看板メニュー「いちごたっぷりパンケーキ」は、栃木県産ブランド卵の『山麓卵』、栃木県産小麦、自家製のいちごメープルシロップを使ったパンケーキの上に、たっぷりと『とちおとめ』をトッピングした商品。価格は980円(ドリンク付き)。

 

「天使のいちごパフェ」

「天使のいちごパフェ」

 

また、もう一つの人気メニュー、いちごのメガ盛りパフェ「天使のいちごパフェ」は、自家農園で採れる新鮮ないちご「とちおとめ」やブルーベリーなど季節の果物と自家製のジェラートを盛り合わせた、その名の通り“いちごメガ盛りのパフェ”となっている。価格は840円(ドリンク付き)。

カフェ「アンジェ・フレーゼ」の営業時間は、9時~18時(年中無休)。店内(屋内)60席、テラス・ハウス(屋外)70席。