一般庶民の心強い味方として、すっかり定着した「プライベートブランド(PB)」。PB と言えば、ナショナルブランド商品よりも低価格な分、「味」は二の次なイメージがある人も多いと思いますが、そんな考えはもう古い!最近だと、西友やイオンの激安ボージョレヌーボーのコストパフォーマンスの高さが脚光を浴びましたよね。PB って素敵!

PB 製品で筆者がよく愛飲しているのが、セブン-イレブンで売られているビール系飲料「THE BREW」。セブン&アイの PB「セブンプレミアム」のひとつですが、サントリーとの共同開発だけあって味は上々。また、スーパーで売られているナショナルブランド商品と同じ価格で買えるってのも嬉しい訳ですよ。

そんな2社が限定のプレミアムビール「サントリー 深みの贅沢」を、12月4日から全国のセブン&アイグループ各チェーン店で発売するとのこと。3日に都内で開催された発表会にお邪魔して、一足先にいただいてきました。


12月4日発売の限定プレミアムビール「サントリー 深みの贅沢」

12月4日発売の限定プレミアムビール「サントリー 深みの贅沢」

 

セブン&アイとサントリーは2010年から限定プレミアムビールを開発しています。2010年は「サントリー 穫れたて素材 生ビール」、2011年には「サントリー 深みの逸品」を発売しており、今回の「サントリー 深みの贅沢」は過去の銘柄をさらにブラッシュアップして美味しさを追求したとのこと。ちなみに、セブン-イレブンではオリジナルビールを置き始めたことで、新規ユーザーの購買や、おつまみの売れ行きが伸びるなど効果は大きいそうです。開発に余念がないのも納得です。

飲む前にまずは缶の外観をチェック。赤を基調に、プレミアムビールならではのゴールドが至るところに散りばめていますね。「深みの贅沢」の下には「濃密な旨みと豊かなコク」と書かれており、この2つの調和がおりなす余韻がビール好きを楽しませてくれるそうです。

 

赤を基調に、ゴールドが至るところに散りばめられています

赤を基調に、ゴールドが至るところに散りばめられています

 

後ろに目をやると「7つのこだわり」という欄があり、「麦芽100%」「天然水100%仕込」「ハラタウ産アロマホップ100%」など、そそる文字が盛りだくさん。ここに記載されている、麦芽の旨みを引き出す「デコクション製法」と、アロマホップの香りを引き立てる「レイトホッピング製法」は手間暇がかかるらしく、また原材料にもこだわっているので限定販売らしいです。

 

ビールをグラスに注ぐ瞬間って、なんでワクワクするんでしょう

ビールをグラスに注ぐ瞬間って、なんでワクワクするんでしょう


「ブシュ」っと缶の口を開けて、お待ちかねの試飲タイム。すると早速、アロマホップの芳醇な香りが鼻に入ってきました。レイトホッピング製法が、いい仕事をしているのでしょうか。頭の中に、ドイツのハラタウ地方の長閑なホップ畑が広がりましたよ。

続いてグラスに注いで、ひとくち、ふたくち…。麦芽100%からくる濃密な味ながらも、プレミアムビールらしい“まろやかさ”が印象的です。のどごしも絶妙で、根っからのビール好きなら誰もが太鼓判を押すことでしょう。ですが、ライト志向の人も 350ml 缶なら楽しんで飲めるくらいの柔軟さも兼ね備えていると思います。

 

仕事中のビールって格別!…じゃなくて濃密な味ながらもまろやかでウマいです

仕事中のビールって格別!…じゃなくて濃密な味ながらもまろやかでウマいです

 

普段、晩酌で発泡酒のロング缶2本を余裕で空ける筆者ですが、「深みの贅沢」は 350ml を1本飲み干したところで結構酔いが回ってきました。よくよく缶を見ると、アルコール度数は6.5%なんですね。程よい酔いと芳醇なアロマホップの香りが、あなたを幸せのひと時にいざなってくれることでしょう。夫婦やカップルで、ゆっくり晩酌って時にいいかもしれませんよ。価格は、350ml のレギュラー缶が238円、500ml のロング缶が328円(いずれも税込)です。