海の幸の“日本代表”が一堂に集まるイベント「第1回『日本魚祭り』SAKANA JAPAN(以下、日本魚祭り)」が、4月8~12日の5日間、東京タワー(東京都港区)内の特設会場で開催される。入場料は無料。

全国から厳選された新鮮な魚料理が味わえる!  (写真は特選ウニいくらホタテ丼)
全国から厳選された新鮮な魚料理が味わえる!
(写真は特選ウニいくらホタテ丼)

日本魚祭りは、日本各地から厳選された、産地直送の海の幸が集結するフードイベント。お客の目の前で握ってくれるという「最高級のどぐろの握り」や、ふわふわのハモ天ぷらが味わえる「大分 サクッふわ姫ハモ天丼」、肉厚なまぐろをじっくりと煮込んだ「まぐろのフルテールシチュー」など、日本の海の幸を代表する食材を使った料理が楽しめる。

のどぐろは「皮と身の間の部分が1番おいしい」らしい(写真はイメージ)
のどぐろは「皮と身の間の部分が1番おいしい」らしい(写真はイメージ)

ふわふわのハモ天を甘辛いタレとともに
ふわふわのハモ天を甘辛いタレとともに

驚きのキングサイズ!まぐろのフルテールシチュー
驚きのキングサイズ!まぐろのフルテールシチュー

ふっくら肉厚で、噛むほどにまぐろの旨みが広がる
ふっくら肉厚で、噛むほどにまぐろの旨みが広がる

イベント初日の4月8日、「東京海洋大学 名誉博士」であり「農林水産省 お魚大使」でもある“さかなクン”がメディア向けのオープニングイベントに登場。魚の魅力を伝えつつ「旬の魚のおいしさを、ぜひみなさんで共有してほしい」と期待を寄せた。

また、ともに登壇した人気グルメブロガー“フォーリンデブ 橋本陽”さんは、今回ラインナップされるメニューについて「自分の大好きな丼ものもたくさんある。日本ならではの、魚とご飯の組み合わせを楽しんでほしい」と話していた。

魚の魅力を伝える“さかなクン”(左)と“フォーリンデブ 橋本陽”さん(右)
魚の魅力を伝える“さかなクン”(左)と“フォーリンデブ 橋本陽”さん(右)

期間中の平日(4月8~10日)は、「お得なキャンペーン」も実施。メッセージアプリ「LINE」で「日本魚祭り」公式アカウントを友だちに追加すると、各日先着20名に賞品がプレゼントされる。また、「フレッシャーズキャンペーン」として“新入社員”には生ビールが1杯無料で提供されるほか、各日「ハッピーアワーキャンペーン」が設けられ、時間帯限定でアルコールドリンクが半額となる。

ハッピーアワーの実施日時は以下のとおり。

4月8日 11時~18時
4月9日 15時~18時
4月10日 15時~18時

ホクホクの「カニまん」や熱々「ホタテ汁」など  身体の芯からあったまるホットなメニューも満載
ホクホクの「カニまん」や熱々「ホタテ汁」など
身体の芯からあったまるホットなメニューも満載

イベント会場は、東京都港区芝公園4丁目2-8 東京タワーエントランス特設スペース。開催時間は11時~21時(最終日は19時まで)。

販売メニューの一例と価格は以下のとおり。

・フードメニュー
サクッふわ姫ハモ天丼(大分) 1,000円
下関直送ふく刺し盛り(下関) 1,500円
最高級のどぐろの握り(金沢) 900円
超肉厚ぶり大根(富山) 1,000円
海鮮かき揚げタワー丼(静岡) 1,500円
まぐろのフルテールシチュー(静岡) 1,000円
特選ウニいくらホタテ丼(北海道) 2,000円
さばフィレサンド 300円
国産まぐろ二色丼 700円

・ドリンクメニュー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 600円
角ハイボール 400円
日本酒各種 各500円
ワイン(赤・白) 各500円
ソフトドリンク 各200円