3月31日に発売された炭酸飲料「レモンジーナ」。サントリーは4月2日、「安定的な供給量を確保出来ない」ため販売を一時休止すると発表しました。販売再開時期は明らかにされていません。

「レモンジーナ」が販売休止!
「レモンジーナ」が販売休止!

販売休止といえば、おいしすぎる!と話題になった“もち入り”ハーゲンダッツ「華もち」が記憶に新しいところ。ところがレモンジーナは、「土の味」とコメントした人がいて話題となっていました。

それを見たスタッフが呟いた一言が、こちら。

「みなさん“土の味”が分かるってことは、土を食べたことがあるんですね(真剣)」

この発言がツボにはまってしまった筆者。でも一理ある…。やはり店頭から消える前に飲んでおくべきなのでしょうか。実際に土を食べる勇気はなかったものの、収穫したての土つきの野菜を食べて育った経験を生かせるときが来た!と、意気揚々とスーパーに向かったのです。(ちなみに、土を使った料理を食べられるレストランもあります。)

すると、なんとレモンジーナのためのコーナーが設けられているではありませんか!数えてみたところ、430ml サイズがおよそ20ケース(1ケース24本入り)、1.2L サイズも30本ほど。「販売休止の情報は1日遅れのエイプリルフールネタだったのか」と思ってしまうほど、たくさん並んで(むしろ、積み上げられて)いました。

ものは試し。一本購入して飲んでみました。うーん…土の味なんて感じないぞ?確かに苦みは強いけど、むしろレモンの果実そのものみたいで、なかなかにおいしい。と思っていたら、飲み込んだあと、鼻を抜けていく香りに違和感を覚えました。土から取り出したばかりのニンジンのような、雨上がりの畑のような、確かに土の香りのようなものを感じたのです。

おそらく、これ、レモンピール特有の苦みなのでしょう。ちょっと渋みが強い気はしますが、比較的好みの味です。土っぽいかもと思ったのは一口めだけ。それ以降は特に気になりませんでした。

この苦み、結構好みなんだけどな
この苦み、結構好みなんだけどな

筆者のように大量の店頭在庫を目にした人からは、「販売休止も戦略のうちでは…」なんて憶測も飛び交っていますが、ともかく、出荷が一時的に止まるのは事実のもよう。「気になるけどまだ飲んでない!」という人は、見つけたときが買いどきかもしれません。たとえ売場に山のように積み上げられていたとしても…!