ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ

JR東京駅・改札内に位置する大型商業施設東京グランスタ。ここにあるベーカリーカフェ「ブルディガラ エクスプレス」には、ちょっと変わった限定パンがあります。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
乗り換え時にも利用可能な「ブルディガラ エクスプレス」

それがこれ、「東京パヴェ」シリーズ。四角いデニッシュパンにさまざまなフレーバーのクッキー生地をかぶせて焼き上げた、メロンパンの仲間です。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
ここだけのスイーツパン「東京パヴェ」

驚くべきはその種類の多さ。「プレーン」をはじめ、「カカオ」「抹茶」「ラムレーズン」などラインナップは10種にも及びます。中でも一番人気の「チョコミント」は、売り切れることも多いとか。価格は各220円(税込)。

今回はプレーン、チョコミント、カカオ、アップルシナモン、ベリーの5種を購入。それぞれご紹介します!

東京駅限定「東京パヴェ」を食べてみた
●プレーン

クッキー生地はザクザク、パンの表面はサックリ、内側はふんわり。この3つの食感を一度に味わえるのが東京パヴェの一番の魅力でしょう。角型なので、通常のメロンパンよりクッキー生地のザクザク感が際立っています。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
「プレーン」

シンプルにデニッシュのおいしさとクッキー生地の甘さが楽しめるプレーン。風味が際立つので、できれば軽くトーストしてお召し上がりください。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ

●チョコミント

ほんのり効いたミントの爽やかさが、チョコの甘さとベストマッチ。自然ながら後味までしっかり続くミントの清涼感は、チョコミント好きも納得のはず。こちらだけは温めずに、常温か冷やして食べるのをおすすめします。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
「チョコミント」

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
意外と違和感のないおいしさ

●アップルシナモン

こちらも人気の一品。シナモンのスパイシーさと甘い香りにリンゴのほのかな甘酸っぱさが加わった、心安らぐ味わいです。コーヒーとよく合う!

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
「アップルシナモン」

●カカオ

ほろ苦くコクのあるカカオのクッキー生地は、ザクザクとした食感との相性が抜群。ちょっぴり大人な味わいです。チョコ好きは迷わずこれ!

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
「カカオ」

●ベリー

キュートなピンク色のベリー。口にした瞬間から甘酸っぱい香りが立ち、味もしっかり感じられます。いちごというよりラズベリー系の味わいが新鮮!

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
「ベリー」

なお東京パヴェは、4個購入につき箱詰めにすることも可能。好きなフレーバーを選び、レジでお願いしましょう。カラフルなセットを作って、気軽な手土産にするのもおすすめ!価格は1箱880円(税込)となります。

ブルディガラ 東京駅 東京パヴェ
箱詰めは手土産にもぴったり

●ブルディガラ エクスプレス 東京GranSta店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1
営業時間:7時~22時(日・祝は21時まで)