二鶴堂「博多の女 バナナミルク味」
知ってる?

博多の名菓、二鶴堂の「博多の女(ひと)」。小豆羊かんがバームクーヘンで包まれた、福岡県民の“ソウルスイーツ”です。お土産としても人気なので、もらったことがある方もいるのでは?

その姉妹品「博多の女 バナナミルク味」を発見しました。昭和47年に誕生した歴史ある「博多の女」ですが、バナナミルク味は昨年(2016年)に期間限定で登場し、好評だったという商品。今年も期間限定で販売されているそうです。価格は10個入り562円、20個入り1,123円(税込)。

二鶴堂「博多の女 バナナミルク味」
これは20個入り

着物の博多人形がデザインされた「博多の女」とは雰囲気の異なる、モダンガールが描かれたパッケージ。巻き毛のポニーテールとバナナのイヤリングがおしゃれです。

二鶴堂「博多の女 バナナミルク味」
最近の博多ウーマン?

ひとつひとつはコロンと可愛い手のひらサイズ。バナナ味のバームクーヘンの中に、白餡ベースのミルク羊かんが入れられています。

柔らかなバームクーヘンと、豆のザラっとした食感が程よく残った羊かんが相性抜群。しっとり口どけながら、バナナのトロピカルな風味を広げます。あとからミルクのコクと白餡の甘みが追いかけてきて、まろやかな“バナナミルク味”が完成。リッチな洋と上品な和のおいしさがシンクロした絶妙なおいしさです。

二鶴堂「博多の女 バナナミルク味」
コーヒにも日本茶にも合いそう

商品は福岡にある本店や空港などのほか、公式サイトからも購入可能。歴史ある「博多の女」と「同 バナナミルク味」を食べ比べるのも楽しそうですね。