三万石 エキソンパイ

“ひそかな名品”を紹介する連載。53品目は、福島名菓「エキソンパイ」。

福島のお菓子といえば、有名なのは「ままどおる」。バターを使った生地でミルク味のあんを包み込んだ和洋折衷の焼き菓子だ。


三万石 エキソンパイ
福島の定番土産「ままどおる」

今回紹介するエキソンパイもまた、ままどおるを作る会社「三万石」の商品。福島出身スタッフによる「ままどおるよりエキソンパイが好き」との声で存在を知り、福島に行った折入手した。

三万石 エキソンパイ
福島出身者が「ままどおるより好き」というエキソンパイとは…?

エキソンパイとは
聞きなれない「エキソン」とは、フランス語で「盾」を意味する。平たい四角形で見ようと思えば盾に見えなくもない。

三万石 エキソンパイ

三万石 エキソンパイ
盾みたいな形のパイ

盾は何層も重なったパイ生地製。香ばしくバター感たっぷりに仕立てられている。サクサクというよりはしっとり系。

名前から完全な洋菓子かと思いきや、中身はクルミ入りの白あん。コクのある濃厚な甘さにカリッとした食感のアクセントが効いている。

三万石 エキソンパイ
中はクルミ入りの白あんという意外性やよし

口内の熱で溶けたあんは徐々に甘さを強め、パイ生地をとりこむ。あん、クルミ、バターの三者が溶け合い、風味豊かでコクのある味わいを奏でる。ほんのかすかな塩気が味を引き締め、次のひと口へといざなう。

コーヒーが欲しくなる濃厚な味わいは、甘いもの好きにおすすめ。手のひらサイズで1個の満足感も高めとなっている。

三万石 エキソンパイ
どっしりとした甘さ&手のひらサイズで満足感あり

やさしい味のままどおるもいいが、甘党ならこちらもぜひチェックしてほしい。三万石各店およびオンラインショップ、福島県内一部の土産店などで入手可能だ。

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る