「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント

「2017 富士芝桜まつり」が4月15日から、山梨県の富士本栖湖リゾートで開催されています。首都圏最大級約80万株の芝桜と、世界遺産・富士山が同時に楽しめる毎年恒例の期間限定イベント。また、会場では、「富士山うまいものフェスタ」も同時開催されています。今回は「富士山うまいものフェスタ」で、実際に“うまいもの”を食べてみました! 

「富士芝桜まつり」は、芝桜と富士山が同時に楽しめる期間限定イベント
2017 富士芝桜まつり

■富士山うまいものフェスタ

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント。B級グルメで有名な「富士宮やきそば」や「吉田のうどん」や、芝桜をモチーフにした軽食を提供しています。今回は、あえて焼きそばやとりもつを外し、富士山のかたちをした可愛らしいデザインの「富士山揚げかまぼこ」と、山梨県ブランド豚を使用した「甲州富士桜ポークのとん汁」を食べてみました。

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント
気になる屋台をのぞいてみよう

◆富士山揚げかまぼこ
「富士山揚げかまぼこ」は、富士山のかたちをしたかまぼこ。かまぼこの見た目をより富士山に近づけるため、材料や焼き加減を調整して、表面の焼き色が頂上から麓にかけて綺麗なグラデーションになるよう工夫したそうです。もっちりとした食感で、食べ応えのあるかまぼこに仕上がっています。価格は、1本380円(税込)。

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント
富士山揚げかまぼこ

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント
もっちり!

◆甲州富士桜ポークのとん汁
「甲州富士桜ポークのとん汁」は、山梨県産ブランド豚の甲州富士桜ポークを使ったとん汁。大きく切られた野菜と、桜ポークが入っています。標高1,000mにある会場は、5月でも風が吹くと肌寒くなることも。そんな時は、このとん汁で美味しく温まるのがおすすめです。価格は、1杯400円。

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント
学校給食を思い出す大きな鍋

「富士山うまいものフェスタ」は、毎年開催されているグルメイベント
外で食べる「とん汁」って美味しいですよね

■甘いものが食べたくなったら

また、富士芝桜まつり会場内にはハイランドリゾート ホテル&スパの本格スイーツを楽しめるカフェ「桜カフェ FUZIYAMA SWEETS」も設置されています。場所は、「富士山うまいものフェスタ」ブースの隣にある、展望台付近です。芝桜をイメージしたエクレアやレアチーズケーキを食べながら、周囲の景色を楽しめるカフェとなっています。

富士芝桜まつり会場内にはハイランドリゾート ホテル&スパの本格スイーツを楽しめるカフェ「桜カフェ FUZIYAMA SWEETS」
桜カフェ FUZIYAMA SWEETS

◆桜エクレール
桜カフェ FUZIYAMA SWEETSで食べたのは、「桜エクレール」。「桜エクレール」は、桜テイストのエクレアです。桜風味のエクレアに、桜あん、カスタード、イチゴ、生クリームがはさんであります。上に乗っているプレートは、桜柄がプリントされたホワイトチョコレートです。生地はふわっと軽い食感で、苺の甘酸っぱさとクリームの甘さが絶妙です。価格は、1個480円。

「桜エクレール」は、桜テイストのエクレア
桜エクレール

「桜エクレール」は、桜テイストのエクレア
可愛くておいしいスイーツ♪

「富士芝桜まつり」は、4月15日~5月28日まで開催で、営業時間は8:00~17:00まで。入園料は、おとな600円、こども250円です。芝桜はGW中に満開になる予想とのこと。GWは、「富士芝桜まつり」へ出かけてお腹も心も満たされちゃいましょう!