希須林(きすりん)「魯肉飯」
あの人気店の“まかない飯”が食べられる!

人気飲食店の“まかない飯”が集結する野外グルメイベント「an まかないフェス2017」が、東京・大阪・名古屋の3エリアで5月12日より順次開催される。

今年は3会場で全36店舗が出展予定。「あの人気店の“まかない飯”を食べつくせ!」をテーマに、人気店の“まかない飯”が同イベント限定「ワンコイン(500円)」で提供される。

会場ごとの出展店舗とメニューの一例は次のとおり。

【東京会場】
●希須林(きすりん)「魯肉飯」

希須林(きすりん)「魯肉飯」

食べごたえのあるバラ肉と、しっとりやわらかなモモ肉、2種類の豚肉を使った魯肉飯。醤油やニンニク、五香粉などでじっくり煮込んで仕上げられている。砂糖の代わりにザラメが使われており、濃厚で深みのある甘辛い味わいが楽しめるそう。

●格之進(かくのしん)「格之進メンチのレタスバーガー」

格之進(かくのしん)「格之進メンチのレタスバーガー」

厳選された上質な黒毛和牛と、岩手県のブランド豚「白金豚」を使ったメンチカツをレタスで挟んだバーガー。肉の強烈なうまみを、レタスのさっぱりとした味わいが際立たせるとか。昨年(2016年)に続き再登場。

●気むずかし家「信州名物 山賊焼き」

気むずかし家「信州名物 山賊焼き」

ニンニクをきかせたタレに漬け込んだ鶏モモ肉を丸ごと豪快に揚げた、インパクト満点の“ジャンボ唐揚げ”。サクサクの衣とあふれ出すジューシーな肉汁が楽しめるそう。細かく刻んだ野菜を加えたタルタルソースを添えて。

【大阪会場】
●SABAR(サバー)「サバンドイッチ」

SABAR(サバー)「サバンドイッチ」

大阪発、トロサバ料理専門店のユニークなサバ塩焼きサンドイッチ。脂ののったサバ塩焼きをひと口サイズの串焼きにし、トマトソースとポテトサラダをのせたパンの串焼きで挟んで味わう。

●Butter(バター)「ふわふわスフレパンケーキ ~ベリーソースがけ~」

Butter(バター)「ふわふわスフレパンケーキ ~ベリーソースがけ~」

よつ葉印の発酵バターをはじめ、北海道産の小麦粉や純生クリームを使ったスフレパンケーキ。リコッタチーズなど、数種類のチーズを生地に合わせて焼き上げられている。生クリームやベリーソース、メープルシロップ、パイクラッシュがトッピング。

●北新地 ぎょうざ家「芳寿豚のチャーシュー」

北新地 ぎょうざ家「芳寿豚のチャーシュー」

甘みの強い脂とさっぱりとしたあと味をもつ長崎のブランド肉「芳寿豚」のチャーシュー。まかないで提供されるチャーシューには、ほどよく脂がのった肩ロースを使用。醤油系の特製ダレに漬け込み、低温のオーブンでじっくり焼き上げることで、やわらかくとろける味わいに仕上げられているそう。

【名古屋会場】
●あんどりゅ。「しおみす」

あんどりゅ。「しおみす」

大須で人気のかき氷専門店。空気をたっぷりと含んだかき氷は、口に入れた瞬間わた菓子のように溶けるとか。まかないで提供されるのは、“塩キャラメル+ティラミス”をイメージしてつくられたかき氷。苦みとうまみのあるフランス産岩塩がトッピングされている。

●魚屋の台所 下の一色「カリカリちりめんジャコのピリ辛玉子かけごはん(TKG)」

魚屋の台所下の一色「カリカリちりめんジャコのピリ辛玉子かけごはん(TKG)」

厳選された愛知県産ちりめんジャコをふんだんに使った卵かけごはん。“ピリ辛”のオイルに漬けたのち、カリッと揚げたちりめんジャコをごはんにのせ、塩、コショウ、特製のダシ醤油などで味つけ。最後に半熟のたまごをのせて仕上げられている。

●麺屋 桜「桜まかないラーメン」

麺屋 桜「桜まかないラーメン」

魚介のダシをベースに、鶏ガラなどを長時間煮込んだ“鶏白湯”を合わせたコク深いスープのラーメン。ゆずのさわやかな香りと甘みたっぷりの刻み玉ねぎがアクセントになっているそう。ラーメンには珍しい“つくね”もトッピングされている。

エリアごとの開催地と日時は次のとおり。

東京会場:5月25~28日 11時~21時/中野四季の森公園 特設会場
大阪会場:5月12~14日 11時~21時/西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)
名古屋会場:5月19~21日 11時~20時30分/久屋大通公園 エンゼル広場