十三里屋「芋どら」
ホックホクのさつまいも菓子はいかが?

さつまいも菓子専門店「さわら十三里屋(じゅうさんりや)」が3月31日、千葉県・佐原にオープンした。

佐原は“小江戸”と呼ばれ、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような風情ある景観を残す町。また、さつまいもの一大産地でもあることから、さつまいも菓子専門店・さわら十三里屋が誕生した。


さつまいもパウダーを使ったもちもちの皮で、しっとりとした焼き芋を包んだどら焼き「芋どら」(200円)や、さつまいもを練り込んだ求肥で、芋蜜に漬け込んだ干し芋とこしあんを包んだ「干し芋大福」(200円)などが販売される。ほかにも、「おいもあんぱん」や「焼き芋スイートポテト」「芋けんぴ」などが各種ラインナップ。

十三里屋「干し芋大福」
干し芋大福や

十三里屋「芋けんぴ」
芋けんぴも

昔なつかしい素朴な味わいに新しさを織り交ぜた、佐原ならではのさつまいも菓子が提供されるそうだ。

店舗所在地は、千葉県香取市佐原イ503。営業時間は11時~17時。店内にはイートインスペースあり。