ニューヨーク・ブルックリン発のカフェレストラン「egg(エッグ)」
「egg(エッグ)」、いよいよ池袋に日本1号店をオープン

ニューヨーク・ブルックリン発のカフェレストラン「egg(エッグ)」が4月21日、海外初進出となる日本1号店を東京・池袋にオープンする。

eggは、アメリカ南部の家庭料理を中心としたメニューが楽しめる店。ブルックリンの本店では、サクッとしたブリオッシュパンにとろとろの卵とホワイトチェダーチーズをからめた看板メニュー「エッグロスコ」や、表面はサクッと、中身はフワッとした「フレンチトースト」が人気だそう。

ニューヨーク・ブルックリン発のカフェレストラン「egg(エッグ)」
エッグロスコやフレンチトースト目当てに行列ができるほど

池袋店では、本店のシェフと東京店のシェフが共同開発したというオリジナル料理も展開予定。旬の食材を使ったメニューが提供されるそうだ。

店舗所在地は、東京都豊島区西池袋2-37-4。営業時間は8時~21時。

ニューヨーク・ブルックリン発のカフェレストラン「egg(エッグ)」