ランプキャップ「塊肉のサーロインステーキ」
塊肉のサーロインステーキ

神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)が3月15日、国内5店舗目となる「田町店」を、JR田町駅前(三田口)にオープンする。

看板メニューは、牛肉の希少部位「ランプキャップ」(お尻の上の部分)などを塊のまま炭火焼きにする豪快なステーキ。さらに、希少な「アウトサイドスカート」(ハラミ)や王道の「サーロイン」、さっぱりとした「フラップミート」(カイノミ)などが用意され、それぞれ180g、230g、460g(1ポンド)とお好みのグラム数で注文できる。カットせずに“塊肉”のまま提供することも可能だそう。

ランプキャップ「ランプキャップステーキ」
ランプキャップステーキ

肉料理に合わせたドリンクメニューの目玉は、ドイツ式タップ(注ぎ口)を使って「日本一美味しいと言われる注ぎ方」で提供される生ビール「アサヒスーパードライ」。“キレ”を感じさせつつも、まるでクリームを飲むようになめらかな口あたりが特徴だとか。また、厳選されたワインやシャンパンは常時40種以上がラインナップされる。

ランプキャップ ステーキとワイン、ビール
肉料理に合うドリンクメニューも豊富

なお3月15日、16日はオープン記念キャンペーンとして、2日間限定で「全品半額セール」を実施。すべてのフード・ドリンクメニューが半額になる。また、同日のランチタイムには通常1,400円(税込、以下同じ)の「肉屋のサーロインステーキ200g」(ライス、サラダ、スープ付)が、半額以下の“ワンコイン”(500円)で提供される。

ランプキャップ ランチタイム「サーロインステーキ200g」
ランチタイムは「サーロインステーキ200g」が500円に

店舗所在地は、東京都港区芝5丁目32-9 イーシーエス第5ビル1F・2F。営業時間はランチ11時30分~14時30分、ディナー17時~23時30分。