魚楽「マグロ2色丼」
これが500円ですってよ

京都・淀にあるお寿司屋さん「魚楽(ととらく)」では、めちゃくちゃコスパのいい“お寿司やさんの丼”が味わえます。中でもおすすめは、一番人気の「マグロ2色丼」。500円(税別)で浴びるほどまぐろが味わえるんです!

●淀駅から歩いて3分

魚楽は、京阪本線の淀駅から桂川方面へ3分ほど歩いたところにあります。

京都・淀にある魚楽
淀駅から程近い魚楽

お店自体はそれほど大きくなく、店内はカウンター席のみ。お茶・お水はセルフサービスです。ただ店主さんがとても気さくで接客もあたたかく、女性ひとりでもまったく気負いなく入れます。

●一番人気の「マグロ2色丼」

いつもの2杯分くらいはありそうな量のごはんに、ぶつ切りにされたまぐろの赤身とねぎとろの2種類がどかーんと盛られています。

魚楽「マグロ2色丼」
マグロ2色丼、普通盛り

ねっとりなめらかな舌ざわりの赤身は、噛みしめるほどにうまみがしみ出すさっぱりとした味わい。一方ねぎとろは、口に入れた瞬間ふわっと溶けて、脂の甘みと濃厚なコクがとろけます。これを受け止めるごはんは、なんとシャリ(酢飯)。これ、お寿司何貫分をいただいているのだろう…!

それぞれ別で食べ進めても良いですし、赤身とねぎとろを同時にほお張ってもまた良し。こんな贅沢、なかなかできませんよね。

魚楽「マグロ2色丼」
食べても食べても減らない

おすすめの食べ方ですが、おしょうゆをかけてもあふれてしまうので、最初は何もかけずにまぐろそのものを味わって。香ばしいきざみ海苔とほろ苦いねぎで舌をリセットしつつ、しばらくまぐろを堪能したら、改めておしょうゆをタラリ。お好みでわさびを溶かしてどうぞ!

魚楽「マグロ2色丼」
よきタイミングでおしょうゆを垂らして

なお、30円追加すればシャリを大盛にできます。逆に小盛は30円引きに。今回筆者は普通盛りにしましたが、相当空腹だったにも関わらず臨界点ギリギリのボリュームでした。

マグロ2色丼はコスパ最強につき、人気すぎてランチタイムで終わってしまうことも。絶対に食べたいなら開店(11時)後すぐに足を運んだ方がいいかもしれません。

もしも私のように調子にのって食べすぎたなと思ったら、すぐ近くを流れている桂川沿いを腹ごなしにお散歩してもいいんじゃないでしょうか。

京都 桂川の景色
夕暮れ時の桂川