大戸屋「桃浦(もものうら)かきの出汁鍋定食」
食べると、被災地の放課後学校に寄付されます

大戸屋の各店で、「桃浦(もものうら)かきの出汁鍋定食」が1月27日に発売される。3月上旬までの期間限定。価格は1,148円(税込)。

これは、今年で6回目となる「東北復興支援スペシャルメニュー」。宮城県石巻市・桃浦湾で育った牡蠣に、たっぷりの野菜と手づくり豆腐を合わせ、鰹本枯節と昆布でひいた出汁で煮込んである。隠し味に豆板醤も加えられているそう。

トマトとクレソンがアクセント。牡蠣のうまみがしみ出した出汁と、素材を生かしたシンプルな味わいが楽しめるそうだ。味付けは、おろしぽん酢で。

なお、1食あたり20円が、認定NPO法人NPOカタリバが運営するコラボ・スクール(宮城県女川町、岩手県大槌町にある被災地の子どもたちのための放課後学校)に寄付されるとのこと。