スターバックス コーヒー「アメリカンスコーン」
より“アメリカン”になって登場!

スターバックス コーヒー各店で、人気の「スコーン」が1月11日よりリニューアル。レギュラーメニューの「アメリカンスコーン チョコレートチャンク」(税別260円)をはじめ、期間限定フレーバー「アメリカンスコーン ミックスベリー」「アメリカンスコーン ナッツ」(各税別270円)の計3品が登場する。

今回は「小麦粉」を変えたことで、より豊かな小麦の風味が楽しめるそう。また、新たにヨーロッパ産の「発酵バター」を使うことで、バターの芳醇で奥深い味わいが楽しめるとか。

アメリカンスコーン チョコレートチャンクは、これまで愛されてきた「チョコレートチャンクスコーン」がリニューアルしたもの。チョコレートチャンクを増量し、表面にたっぷり敷き詰めて焼き上げられている。外はザックリ、中はしっとりとした食感が楽しめるそう。

温めると小麦とバターの香りが立ち上がり、香ばしさとコクのある生地が味わえる。また、カカオを感じる濃厚なチョコレートチャンクがトロッと溶けて口に広がり、コーヒーやラテによく合うとか。

スターバックス「アメリカンスコーン チョコレートチャンク」
チョコがとろけるアメリカンスコーン チョコレートチャンク

アメリカンスコーン ミックスベリーは、季節のフルーツが楽しめるスコーン。ブルーベリーとレッドカラント(赤スグリ)を、発酵バターを使った生地にたっぷり敷き詰めて焼き上げられている。ベリーのジューシーな甘酸っぱさがアクセント。

温めると表面の焼き目はサクッと軽い歯ざわりで、中はしっとりとした口どけに。ブルーベリーの程よい酸味と甘み、レッドカラントの全体を引き締める酸味は、ほのかに甘い生地と相性が良いそう。ラテやミルクを使ったエスプレッソビバレッジのおともにおすすめ。

スターバックス「アメリカンスコーン ミックスベリー」
ベリーが甘酸っぱいアメリカンスコーン ミックスベリー

アメリカンスコーン ナッツは、見た目も味わいもナッツの具材感が楽しめる一品。クルミパウダーと発酵バターを加えた2枚の生地に、サクサクのフレークが入ったアーモンドとヘーゼルナッツのフィリングを挟んで焼き上げてある。チョコレートのコーティングと、クルミや皮付きアーモンドがトッピング。

しっとりとした生地に、ナッツのカリカリとした歯ごたえや、フレークのサクサク食感、フィリングやコーティングのなめらかな口あたりが楽しめる。最初から最後までナッツの香ばしさが続き、コーヒーとの組み合わせもぴったり。

スターバックス「アメリカンスコーン ナッツ」
ザクザク香ばしいアメリカンスコーン ナッツ