おだし東京、8種のおだしと真鯛のお椀

“食べるスープ専門店”Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)の新業態「おだし東京」が、12月12日、JR品川駅構内にオープンしました。日本の食文化を取り入れた“和のスープストックトーキョー”です。

おだし東京店内のようす
和テイストのカウンター席

メニューは、椀物に俵むすびと小鉢がセットとなった「お椀のお膳」が中心。どれも、フォンドボー、コンソメといった洋のスープに、昆布やかつおなど和のだしをあわせ、仕上げてあります。


例えば「8種のおだしと真鯛のお椀」(1,180円/トップの写真)は、真鯛の煮付けが添えられた、ボリュームたっぷりの1品。フォンドボーやフュメドコキーユ(貝のだし)のなかにオマール海老をしっかりと効かせ、昆布など計8種類のだしをかけあわせてあります。

どっしりと奥深いけれど、和素材のおかげか後味はさっぱり。洋だけど和が香る奥深い味わいでした。

おだし東京、8種のおだしと真鯛のお椀
ゴロンと大きな大根、柔らかくてホクホクです

また「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」(同上)は、コンソメとグラスドヴィアン(フォンドボーを煮詰めたもの)に貝だしをあわせ、肉のうまみをつめこんだ力強いスープに仕上げてあります。お肉はほんのり甘辛く、底の巾着には、もちとカボチャのピューレ、枝豆入り。洋のスープと和の食材が絶妙にマッチしています。

おだし東京、二重牛だしのみぞれ椀
イチョウ型のニンジンがアクセント

おだし東京、二重牛だしのみぞれ椀のもち巾着
柔らかいおもちとカボチャがとろ~り

このほか、鶏団子入りでボリュームたっぷりの「お粥のお膳」(980円)や、レモンでさっぱりと食べるすき焼きのお膳(1,480円)が用意されています。気分にあわせて選んで。

朝(7時~10時)は「オマール海老の味噌汁」と「はかた一番どりの朝粥」(各580円)の2本仕立て。このうち味噌汁は、オマール海老のソースに仙台味噌と西京味噌をあわせてあり、“これまでにない風味豊かな味噌汁”としてあるそうです。

スープストックトーキョーらしい具だくさんのスープと、和と洋のマッチングを、エキナカで手軽に楽しめる新店舗。年明けにはお雑煮が登場するなど、季節にあわせたメニューも登場するようです。なお、当面はイートインのみとのこと。

おだし東京、お椀のお膳のおむすび
結論、おむすびが最強かもしれない

【店舗概要】
おだし東京 エキュート品川 サウス店
営業時間:月~土7時~23時、日・祝8時~22時