冬になってくると、なんだか無性にクリーミーなものが食べたくなってきますよね。体が欲しているとでも言いましょうか。エネルギーになりそうですし。クリーム系のお料理を作るときにあるとちょっと違う、便利なものをご存知でしょうか。そう、「エバミルク」です。

…エバミルク? なんか名前は聞いたことあるけど、実際どういうものなの? という疑問も湧きますが、エバミルクとはいわゆる“無糖の練乳”のこと。つまり濃縮された牛乳であり、お料理のコクだしに使うもののようです。う~ん、ジェネレーションギャップ。

そんなエバミルクですが、どーにもわかりづらい。だって名前からイメージしづらいもん。という訳で、雪印は長年愛された「雪印 エバミルク」を「雪印 北海道濃縮ミルク」ととしてリニューアルするそうです。…簡単に名前を捨てていいのかな…。

あの「エバミルク」がリニューアル! そもそもエバミルクって何だっけ?

あの「エバミルク」がリニューアル! そもそもエバミルクって何だっけ?


うん、確かに濃縮ミルクの方が何倍もわかりやすい。この商品は、北海道産生乳の水分を蒸発させ、2倍に濃縮したもので、カレーやシチューなどを手軽にコクのある味わいに仕上げることができるとのこと。

他にも、コーヒーや紅茶に入れることにより、ミルクのコクを楽しめるそう。なるほど、寒くなってくる今日この頃には嬉しい商品ですねえ。2倍濃縮ってそのまま飲んだらどんな味がするんでしょうか。意外と便利そうなエバミルク、ちょっと気になる方はぜひお試しくださいな。