日本マイクロソフトの“街中のカフェ風”社員食堂を見学してきました!
日本マイクロソフトの“街中のカフェ風”社員食堂を見学してきました!


近ごろ、企業内食堂のメニューをまとめたレシピ本、いわゆる「社食本」が相次いで出版されています。通常では社員しか食べることのできないメニュー。やはり興味のある人が多いのか、かなりの人気があるそうです。

そんな中、とある企業からも一冊の社食本が発売されました。

それがまさかの日本マイクロソフト

「IT 企業の社員食堂って、どんな感じなのでしょう!?」

……ということで、実際に見学してきましたよ!

「One Microsoft Cafe」、座席数は315席とかなり広い!
「One Microsoft Cafe」、座席数は315席とかなり広い!



この社員食堂は「社員の誰もが集まれる場所」がコンセプト。

これは日本マイクロソフトが掲げる会社一丸となっての事業運営「One Microsoft」に通じるもので、この社員食堂も「One Microsoft Cafe」と名付けられています。

きれいでカラフルなカウンターに食欲をそそられる
きれいでカラフルなカウンターに食欲をそそられる



色鮮やかなデリが並ぶ!
色鮮やかなデリが並ぶ!



食堂のランチは、ワンプレートでのデリスタイルで提供。

野菜をたっぷり使ったメニューが多くて、プレートが美しく彩られます!さらに食器もカラフル!

毎日ここで食事していれば、ストレスなく健康を保てそう。うらやましいですね…!









ヘルシー!
ヘルシー!



さらに、ランチのほかにも様々なメニューが用意されているそうで、朝は焼きたてのパンと淹れたてのコーヒー、正午はスイーツ、夜にはアルコール類なども楽しめるらしい!

社内イベントや懇親会に利用されることもあるそうです!


食生活の参考に「栄養士オススメ!メニュー」もディスプレイ


ちなみに日本マイクロソフトは、昨年2月に、都内5か所に分散していたオフィスを品川本社に集約。同時に、社員が自席を持たずにどこでも仕事ができるフリーアドレス制を導入しました。いまは、約2,500人の社員のうち約60%が各フロア内で自由に働いているそうです。

そして、この食堂のある19階は社員なら誰でも利用できるフロア。

食事以外にも、業務スペースとして活用したり、ちょっとしたミーティングに使うなど、多目的に利用されているとのこと。リラックスできる空間でなら、いいアイデアがぽんぽんと飛び出しそうですね!


カウンターをよく見ると社食本の宣伝が…!


「日本マイクロソフトの社員食堂 野菜たっぷり!デリレシピ63」には、全63品目の野菜たっぷりなデリレシピを掲載。巻末には社員さんのワークスタイルなども特集されています!

価格は1,200円(税込)。

とってもヘルシーな日本 MS 社食、あなたも自宅で作ってみては?