コンクリートにぼっこりと空いた “くぼみ”。道を歩いているとときどき見かけるが、うっかり気づかないでいると、足がはまったり、つまづいたりすることもある。

そんなうっとうしいコイツを、美しく幻想的なアートにガラリと作り変えてしまったアーティストがいた。海外メディア Buzz Feed が伝えている。

道路のくぼみがアートに大変身!  (C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca
道路のくぼみがアートに大変身!
(C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca

くぼみアート「MyPhotholes」を制作したのは、フードスタイリストの Claudia Ficca 氏と、写真家の Davide Luciano 氏。同メディアによると、2人はニューヨーク、モントリオール、トロントの3都市で、通行の邪魔にならないよう気を使いながら撮影を行ったのだとか。ちなみに、これらの作品にフォトショップは使っていないそうだ。

今まさに穴へ落ちていかんとするアリス  (C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca
今まさに穴へ落ちていかんとするアリス
(C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca

白ウサギを追いかけて暗い穴へ落ちていく不思議の国のアリスや、でっかいブラックバスを釣り上げるおじさん、真剣な表情でドーナツを揚げる(?)シェフなど、モチーフはさまざま。

ドーナツ、本物じゃありませんように  (C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca
ドーナツ、本物じゃありませんように
(C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca

中には、水たまりの中からにゅっと手が伸びた写真など、フォトショップも使わずにどうやって作ったの!?と驚いてしまうようなものも。

手、本物そっくりだけど...?  (C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca
手、本物そっくりだけど...?
(C) 2013 Davide Luciano and Claudia Ficca

かなり個性的な発想から生まれたアートだが、日常に潜むネガティブなものも、視点を変えればイマジネーションの宝庫なんだと、忘れかけていた大切なことを教えてくれているような気もする。