2013年に話題となった「クロワッサンドーナツ(クロナツ)」。NY で誕生した、クロワッサンとドーナツのハイブリッドスイーツです。

日本では、2013年7月にベーカリー「バンデロール」に登場したのをはじめ、いくつかのショップで発売されました。関東ではバンデロールの「ニューヨーク・クロワッサンドーナツ」がたびたび話題となりますが、関西にもクロワッサンドーナツがあります。

今回えん食べ編集部は、大阪や兵庫を中心に展開しているベーカリーカフェ「FREDS CAFE(フレッズ カフェ)」で、“西のクロナツ”を入手。実食レビューをお届けします!

“西のクロナツ”はどんな味…?
“西のクロナツ”はどんな味…?

フレッズにクロワッサンドーナツが登場したのは、2013年9月15日。当時は、「メープルカスタード」「モンブラン」と、期間限定フレーバー「万次郎かぼちゃ」の3種が販売されていました。現在販売されているのは、レギュラーフレーバーの「メープルカスタード」「モンブラン」と、新フレーバー「とちおとめ苺クリーム」「ザクザクチョコ」の4種。価格は各160円です。

まずはレギュラーフレーバー2種から食べてみます。

メープルカスタードは、卵たっぷりのカスターがポイント。独自の製法でフライしたという生地にサンドされています。クリームには濃厚なコクがあり、安心して食べられる美味しさでした。

ホワイトチョコが on
ホワイトチョコが on

濃厚カスターがウマイ
濃厚カスターがウマイ

モンブランは、ミルクチョコとクランチチョコがトッピングされており、パッと見はチョコレート味のようです。でも、サンドされているのは、渋皮マロンクリーム。やや甘めですが、チョコレートとよく合うクリームです。

トッピングはチョコレートだけど、
トッピングはチョコレートだけど、

クリームはマロンだよ
クリームはマロンだよ

続いて、新フレーバー2種を食べてみます。

とちおとめ苺クリームは、イチゴクリームがたっぷりとサンドされた一品。栃木県産とちおとめが使われているそうで、ほのかに感じる酸味がアクセントになっています。トッピングは、つぶつぶ入りのイチゴチョコレート。イチゴ尽くしの商品です。

つぶつぶイチゴチョコ
つぶつぶイチゴチョコ

クリームがあふれ出てしまった…!
クリームがあふれ出てしまった…!

ホワイトチョコレートがトッピングされたザクザクチョコには、ちょっと苦めのチョコレートクリームがはさんであります。食べてみると、商品名を裏切らないザクザクっとした食感。クリームにはコーンフレークがミックスしてあるのだそうです。上にはクランチチョコもトッピングされているので、W でザクザク食感が楽しめます。

クランチチョコが嬉しい
クランチチョコが嬉しい

W でザクザクッ
W でザクザクッ

バンデロールのニューヨーク・クロワッサンドーナツと比べてみると、フレッズの方が生地がふわふわとしていて、パンの食感に近い印象。反対にバンデロールの商品は、クリスピー感たっぷりなので、サクサクと軽い食感が楽しめます。フレッズはパンに近く、バンデロールはパイ(=お菓子)に近いといったところでしょうか。甘いパンが好きな方には、クリームたっぷりのフレッズをオススメします!

バンデロール「ストロベリーチョコレート」
バンデロール「ストロベリーチョコレート」

フレッズは大阪府と兵庫県、バンデロールは千葉県~愛知県と、両店の出店エリアはかぶらないため、両商品を一度に手に入れるのは難しいかも。もしチャンスが巡って来たら、ぜひ食べ比べてみて下さいね!