イスラエル生まれのチョコレートバー MAX BRENNER(マックス ブレナー) が、今年ついに日本上陸しました。11月の表参道店オープン初日にはなんと約400人(!)ものお客さんが列をなし、店内に入るまでまさかの5時間待ち(!!)だったのだそう。

そして12月20日、待望の2号店が東京スカイツリータウン・ソラマチにオープンしました。ということで、えん食べ編集部もオープン初日に並んでみましたよ!雨だったけどね!

これを食べるためなら!
これを食べるためなら!

■店内までの死闘

オープン10分前の午前9時50分、MAX BRENNER ソラマチ店に到着。ふと見上げると、どんよりとした雨空に向かってスカイツリーがちょっと不気味にそびえ立っています。

なんだろう...この威圧感...
なんだろう...この威圧感...

気温は8度、さらに雨という決して良いとはいえないコンディションにも関わらず、すでに約100人のお客さんが並んでいます。しかも今日、平日なのに...!

1か所におさまらず、2か所に分かれて並びます
1か所におさまらず、2か所に分かれて並びます

筆者も、列の最後尾につきました。さて、いったい何分(何時間?)で、店内に入ることができるでしょうか?

壁に沿ってずーっと並び、最後尾はあそこ
壁に沿ってずーっと並び、最後尾はあそこ

並んでいるのは女性が多く、学生カップルや主婦グループの中、筆者のように一人で並んでいる人も。ちびっ子を連れたママさんもいます。

と、誘導係の店員さんが「風邪をひかれないように...」と全員にカイロを配ってくれました。やさしい!泣きそう!

その気づかい、さすが世界の MAX BRENNER!
その気づかい、さすが世界の MAX BRENNER!

午前10時、ついにお店がオープン!10人くらいずつコンスタントに店内へと案内されていきます。あれ、意外と早いかも...?

誘導されていく人たち
誘導されていく人たち

と、思ってからが根性の見せどころでした。暖かそうな店内を目の前に、50平方メートルくらいの長方形の中を歩き回りながら、じわり、じわりと前に進みます。ヘビの生殺し状態のまま、まさにヘビのごとく入口に近づいては離れ、離れては近づき、そして待つこと1時間50分。ついに筆者も店内へ!(やっぱり)長かった...!!

ヘビの生殺し状態
ヘビの生殺し状態

■カウンターで注文する

店内に入ったら、まずはカウンターで注文します。今回は、大人気メニューの「ピザ」と「フォンデュ」、そして食後に「カプチーノ」をチョイスしてみました。

メニューはもちろんチョコづくし!
メニューはもちろんチョコづくし!

■席を確保する

注文が済んだら、席を確保します。全部で47席用意されています。

見事に満席!
見事に満席!

しばし休息のとき。暖かい店内で甘いチョコレートの香りに浸っていると、さっそく料理が運ばれてきました!早い!

■チョコレートチャンク ピザ

「チョコレートチャンク ピザ」は、ミルクチョコとホワイトチョコに、トーストしたマシュマロがトッピングされたピザ。見た目はかなりインパクトがあります。価格は1スライス350円です。

看板メニューのひとつ
看板メニューのひとつ

モチモチの柔らかいピザ生地に、コクのあるミルクチョコがたっぷり塗られ、さらに焦がしマシュマロが香ばしい甘さを加えています。マシュマロはとろ~り溶けて、まるでチーズみたい。チョコとマシュマロが口の中でいっしょに溶ける、新感覚スイーツです。

■クラシック ヨーロピアン(フォンデュ)

「クラシック ヨーロピアン」(1,800円)は、チョコソースとキャラメルソースにフルーツやマシュマロなどを付けて食べるフォンデュ。チョコソースは、ダーク、ミルク、ホワイトの中から2種類選べます。筆者はダークとホワイトをオーダーしました。

すると、店員さんが陶器のフォンデュタワーと小さなグリルをセッティングしてくれました。グリルは、マシュマロを炙って食べるためだそうです。おいしそーう!

クッキーやブラウニーもディップしちゃうよ
クッキーやブラウニーもディップしちゃうよ

 
ソースは左から、ダークチョコ、キャラメル、ホワイトチョコ
ソースは左から、ダークチョコ、キャラメル、ホワイトチョコ

まずは、マシュマロを炙って食べてみます。

炙りすぎると焦げるので注意(筆者はやらかし済み)
炙りすぎると焦げるので注意(筆者はやらかし済み)

甘くてふわふわのマシュマロは、炙ることで外は香ばしく、中はとろとろになります。マシュマロがこんなにおいしいなんて...もっと早く出会いたかったよ...!

続いて、フルーツをディップして食べてみます。

キャラメルソースは、甘すぎず、塩キャラメルのような甘じょっぱいフレーバーです。ダークチョコソースは、とろりと濃厚でカカオ感たっぷり。ホワイトチョコは、コクがあって、温められることでさらに風味が増しています。筆者はホワイトチョコが好きじゃなかったのですが、このホワイトチョコソースは絶品!フルーツともよく合います。

甘酸っぱいいちごとよく合うんだなぁ
甘酸っぱいいちごとよく合うんだなぁ

せっかくなので全ての組み合わせを試してみたところ、ダークホース的ヒットは、なめらかなチョコブラウニーとキャラメルソースのペア。濃厚なチョコに甘じょっぱいキャラメルがマッチして、とても美味です!

このブラウニーが、やわらかくておいしいのだ!
このブラウニーが、やわらかくておいしいのだ!

ちなみにこれ、本当は2人以上でシェアするのが普通なんですよね...が、筆者は一人でいただきました。いいの!2時間並んだから!

■カプチーノ(チョコレートキューブ付き)

いっぱいチョコを食べたから、最後は甘くないもので締めたい!という人にオススメのカプチーノ(500円)。ビターなコーヒーに、お好みでチョコレートを溶かし入れながら飲みます。たくさん入れれば、カフェモカのような味わいが楽しめますよ!

ハートのラテアートに胸キュン
ハートのラテアートに胸キュン

ちなみにこのクリエイティブな形のカップ、「カンガルーカップ」というオリジナルのカップ&ソーサーなのです。チョコレートをポケット部分(くぼみ)に置いておくと、コーヒーの熱でチョコが溶け、溝をつたってコーヒーの中に流れていくのだそう。おっしゃれー!ソーサーにも、ほらね、カンガルーさんが。

ちょっと抽象画っぽいカンガルーさん
ちょっと抽象画っぽいカンガルーさん

■オリジナルグッズも買える

店内では、MAX BRENNER オリジナルグッズやお土産用のチョコレートも販売されています。フォンデュタワーやカンガルーカップもここで買うことができるそうなので、欲しい方はぜひチェックを。

年末年始の贈り物にも、喜ばれそう!
年末年始の贈り物にも、喜ばれそう!

寒空の下長く並んだけど、店員さんの気づかいと甘~いチョコレートでほっこり温まることができました。なお、気になるけど長時間並ぶのはいやだという人は、テイクアウトで注文することもできるので、利用してみるといいかも。海外でも大人気のチョコレートバー、ぜひ試してみてくださいね!

チョコって何だか、幸せな気持ちにしてくれるね
チョコって何だか、幸せな気持ちにしてくれるね