4月2日に新開場を予定している歌舞伎座。この新開場を祝い、フォションは歌舞伎座タワー地下2階「木挽町(こびきちょう)広場)」で4月7日までの期間限定ショップ「フォション モバイルブティック」をオープンしています。同店舗では、歌舞伎へのオマージュを捧げる限定商品「エクレール カブキ」が販売されています。

歌舞伎へのオマージュを捧げる「エクレール カブキ」  4月7日までの限定販売です
歌舞伎へのオマージュを捧げる「エクレール カブキ」
4月7日までの限定販売です
 
「エクレール カブキ」は歌舞伎座の定式幕の色「黒」「柿」「萌葱(もえぎ)」をモチーフにした商品。 歌舞伎を知らない人が見たら、「遮断機?」と勘違いしてしまいそうな、斬新な色合いの外観をしています。シュー生地の中に詰められているのは、ゆずクリームと抹茶クリーム。「和」の味わいを演出しています。
 
シュー生地に詰められているのは、ゆずクリームと抹茶クリーム
シュー生地に詰められているのは、ゆずクリームと抹茶クリーム
 
さてこの「エクレール カブキ」、大人気のため入手は困難。もし確実に入手したいのであれば、10時の開店と同時か、14時に訪問するのがおススメです。

「フォション モバイルブティック」の「エクレールカブキ」売り場  エクレールカブキがずらずらずらっと並んでます
「フォション モバイルブティック」の「エクレールカブキ」売り場
エクレールカブキがずらずらずらっと並んでます
 
「フォション モバイルブティック」では、10時の開店と同時に100個の「エクレール カブキ」が売りだされるのですが、ほとんどの場合11時前には売り切れとなるそうです(日によって販売状況は異なります)。店員さんによると、予想を上回る売上のため、現在は午後2時頃にも100個程度の追加販売をしているそう。でも、こちらも販売開始から1時間以内に売り切れとなるケースが多いのだとか。
 
午前10時時点の「フォション モバイルブティック」  すでに15人程度の行列ができていました
午前10時時点の「フォション モバイルブティック」
すでに15人程度の行列ができていました
 
なお、「エクレール カブキ」は1つ1つ手作りで製造されており、このため今後さらに需要が増加したとしても、1日あたりの製造個数は250個が限界とのことでした。
 
歌舞伎座が開場すれば、ますます購入が困難になること必至の「エクレール カブキ」。どうしても食べたい方は、今週中の購入がおススメです。なお、3月31日および4月1日はお休みだそうです。
 
歌舞伎座新開場まで、あと7日!
歌舞伎座新開場まで、あと7日!
 
「フォション モバイルブティック」があるのは、歌舞伎座タワー地下2階の  「木挽町広場」です
「フォション モバイルブティック」があるのは、歌舞伎座タワー地下2階の
「木挽町広場」です