大戸屋「生さんまの炭火焼き」

大戸屋から「生さんまの炭火焼き」が登場します。横浜ジョイナス店、池袋東口店、六本木店、三鷹南口店の4店舗で9月26日から先行販売されます。全店での販売開始日はあらためて発表予定。

大戸屋 生さんまの炭火焼き

大戸屋「生さんまの炭火焼き」

大戸屋によると最近、さんま漁は不漁続きとなっており、2022年も前年同様に厳しい状況が続いていますが少しずつ成長した生さんまが漁獲できるようになったとして一部店舗で先行して取り扱われます。

水揚げ港から市場を通さず産地直送で店舗へ展開されます。その年に上がったさんまの中でも一番大きな大型が選別されたと打ち出されています。港から直送されたうえ、炭火で焼かれ独特の香ばしい風味や、表面のパリッとした食感も楽しめるよう仕立てられます。旬の味わいとして楽しめます。なお一部店舗では直火で調理されます。

また店舗おろしたてのまた大根おろしが添えられます。大根はすりおろすことで辛み成分が生成され、魚の脂肪分を引き立てられます。

販売価格はさんま1尾の定食が980円(税込、以下同じ)、単品830円。2尾の定食が1,380円、単品が1,230円。