東京都江東区にある木場公園内のカフェ・KIBACO(キバコ)に行ってきました。「オープンサンド(タンドリーチキン)」「熟成“インカのめざめ”のフライドポテト」「スペシャルティアイスカフェオレ」を実食。

KIBACO(キバコ)

正式名称はPark Community KIBACO。木場公園の南側に位置する、カフェとマルシェが一体となった商業施設です。「ひと息つける休憩場所」がコンセプト。2022年7月にリニューアルオープンされました。

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

今回はカフェで「オープンサンド(タンドリーチキン)」「熟成“インカのめざめ”のフライドポテト」「スペシャルティアイスカフェオレ」を注文、イートインスペースで食べてきました!

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

オープンサンド(タンドリーチキン)

オープンサンドの具は日替わり。この日はタンドリーチキンのほか、「なすとミートソース」「たまごサラダとチーズ」「マヨめんたい」がありました。価格は各600円(税込・以下同じ)。

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)オープンサンド

香ばしいバゲットの上に、スライスされたタンドリーチキンを並べ、チーズをかけて焼き上げてあります。タンドリーチキンのしっとりとした食感とスパイシーな風味が楽しめます。タンドリーチキンは厚めのカットで、なかなかに食べ応えあり。

熟成“インカのめざめ”のフライドポテト

熟成させて甘みを引き出した“インカのめざめ”を使ったフライドポテト。注文後に揚げるため、提供まで少し時間がかかります。が、食べる価値あり!

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

しっとりねっとりとした食感がクセになるおいしさ。塩気は控えめで、ポテトの甘みが引き立てられています。価格は400円。

スペシャルティアイスカフェオレ

コクのあるコーヒーとまろやかなミルクの組み合わせ。オープンサンドはもちろん、他のフードメニュー(マフィン、ハンバーガー)とも相性良さそう。

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

クラフト紙のコップで提供されます。価格は400円でした。

木場公園内のカフェ KIBACO(キバコ)

公園の中にあるので景観はばつぐん!テラス席も充実しています。イートインするほか、テイクアウトして公園内の好きなベンチなどで楽しむのもおすすめです。
Park Community KIBACO
住所:東京都江東区木場5-7