カネテツデリカフーズ「大粒ほぼカキフライ」

カネテツデリカフーズから、まるで本物の大粒カキフライのような「味、食感、見た目」を再現した練り製品「大粒ほぼカキフライ」が発売されます。発売日は8月15日。4個入りで、価格はオープン。

大粒ほぼカキフライ

「大粒ほぼカキフライ」は、本物のカキにおける食中毒の不安や調理の下処理が面倒等の不便を解消し、安心して楽しめるカキフライを届けたいという気持ちから開発されました。カキは冬の味覚として非常に人気の高い食材です。しかし、加熱不足による食中毒などが喫食時に多少なりとも心配がつきまとう食材でもあります。「大粒ほぼカキフライ」は、加熱済み商品のため、下処理や加熱をする手間なくそのまま楽しめます。

もちろん、魚のすり身で作っているのでカキによる食中毒の不安もありません。カキにあたった経験がある、職業柄食べることを避けている。そんなお悩みを抱えた方も食べられる一品です。

まるで本物の大粒カキフライのような「味、食感、見た目」を再現。カキフライを食べた時に、一口目に感じるカキ特有の磯の香りを昨年以上に感じられるよう配合を見直しました。さらに食感や見た目もカキらしさを出すために2層の設計にしています。こだわりの配合と設計で味、食感、見た目すべてにカキらしさを感じられる商品です。ほのかな酸味とまろやかな味わいでカキフライと相性抜群のタルタルソース付き。

製法の工夫により、冷めても衣がベチャベチャしないため、お弁当にもぴったり。トースターで温めると衣が「サクッ」となり、磯の香りや風味が増し、さらに美味しく食べられます。