ロッテリア「近江牛メンチカツサンド」

滋賀県・京都府のロッテリア3店舗限定で、「近江牛メンチカツサンド」が登場。EXPASA多賀店では7月21日に、浜大津アーカス店と京阪出町柳駅店では7月28日に発売されます。価格は980円(10%税込)。

近江牛メンチカツサンド

ロッテリアでは、2011年から地産地消や地域活性化を目的に様々なご当地限定バーガーを開発。“LO地元バーガー”として店舗限定で販売し、大好評となっています。

今年創業50周年を記念し展開している取り組みの一環として、「近江牛メンチカツサンド」を滋賀県・京都府の3店舗限定で順次レギュラーメニューとして販売。滋賀県内で飼育された、日本3大和牛のひとつと言われている“近江牛”を採用した新商品です。

ロッテリア「近江牛メンチカツサンド」

「近江牛メンチカツサンド」は、メンチカツとウスターソースの組み合わせが食欲をそそるバーガー。近江牛を使用した約90gの小判型メンチカツに、関西で大人気のオリバーソースを合わせ、レタス、マヨソースとともに、小麦の風味感じる全粒粉入りソフトフランスパンでサンド。

オリバーソースは、野菜や果実をたっぷり使用することで旨味を引き出し、チキンエキスや魚粉、香味野菜などで風味を加えたソース。深みのある味わいが特徴です。