カフェコムサ「マスクメロンのショートケーキ」

カフェコムサから「マスクメロンのショートケーキ」が登場します。芳醇な香りでみずみずしく甘い旬のフルーツが用いられた一品とされています。7月22、23日に取り扱われ、販売価格は1ピース1,500円(税込)。

マスクメロンのショートケーキ

カフェコムサでは日本全国の産地、農園で選別された旬の果実が用いられ日本の四季を感じられるようなケーキが作られていて、特に毎月22日は「ショートケーキの日」とされ、この7月は夏の人気フルーツであるマスクメロンのショートケーキが登場します。よく熟し芳醇な香りで甘くみずみずしい果実が使われ、ふわふわのスポンジと甘さ控えめの生クリームと合わせられたとされています。

カフェコムサにおよると、マスクメロンは大正14年(1925年)に日本に導入されてその後全国に広がり高級メロンとしての地位を確立しました。栽培は主に温室で行われているので一年中味の良い果実がが出荷されますが、市場に一番多く出回るのが4月~7月。この時期に任期のあるフルーツを堪能できるとされています。

なお銀座店と静岡伊勢丹店は「静岡県産マスクメロン」が展開されます。銀座店は、価格とデザインが異なります。またフルーツの入荷状況により、価格とデザインが変更になる場合があります。