カルビー「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」「サッポロポテト バーベQあじ」

カルビーから50周年を記念してロングセラーのスナック「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」「サッポロポテト バーベQあじ」のパッケージが7月上旬から期間限定で復刻デザインに順次切り替わります。いずれも内容量72gで、想定価格は130円前後(税込)。

サッポロポテト つぶつぶベジタブル

カルビー「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」「サッポロポテト バーベQあじ」

「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」は1972年12 月に「かっぱえびせん」の姉妹品として発売。当時の名前はシンプルに「サッポロポテト」。カルビーとして初めて生のジャガイモが原料に使われました。ジャガイモの一大産地が北海道であり、1972年の札幌オリンピックの年に誕生したことから、名付けられました。現在はジャガイモをベースにほうれんそう、にんじん、ピーマン、かぼちゃ、トマト、たまねぎ、レッドビートの7種類の野菜が生地に練り込あmれた、野菜のやさしい味わいが楽しめるスナック。小さな子どもの手でも持ちやすいスティック形状で、見た目にも楽しい野菜のつぶつぶ入りです。

サッポロポテト バーベQあじ

カルビー「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」「サッポロポテト バーベQあじ」

「サッポロポテト バーベQあじ」は1974年2月に、業界初の肉が練り込まれたスナックとして発売されたと説明されています。素材の組み合わせから開発当初はカレーをイメージして作られましたが、カレーは家庭によって味が異なるのではという意見もあったことから、同じような素材を使った米国の家庭料理バーベキューに着想を得てバーベQあじと名付けられました。

現在はチキン&ビーフがじっくり煮込まれたスープがジャガイモ生地に練り込まれ、肉の旨味がしっかりとして大人も楽しめる味わいにとされています。バーベキューで使う網をイメージしたアミアミ形状が特徴。