崎陽軒「夏のかながわ味わい弁当」

崎陽軒から「夏のかながわ味わい弁当」が登場します。6月16日~8月31日に神奈川、東京を中心とした約160店舗で取り扱われます。販売価格は980円(税込)。

夏のかながわ味わい弁当

崎陽軒「夏のかながわ味わい弁当」

神奈川県内への観光客の増加を図るため、県とのタイアップ企画として作られているシリーズ。主食は2種類で、「白飯(トッピング:枝豆とちりめんじゃこの炒り煮)」は枝豆とちりめんじゃこが昆布出汁でさっぱりと味付けされた炒り煮にされ、白ごまの風味も食欲をそそる仕立てです。もうひとつの「白飯(トッピング:小田原 産梅干)」は塩のみで漬け込まれ天日干しされた小田原産梅干がのせられ、崎陽軒のもちもちとした白飯に合わせられています。

主菜の「三崎産マグロの生姜煮」は三崎港で水揚げされたマグロが生姜煮にされていて、甘辛いタレがしみ込まされ白飯が進む仕立てです。「三浦産芽ひじきとくきわかめの炒め煮」は三浦産芽ひじきがくきわかめ、人参、油揚げとともに炒められていて、食感とごま油の豊かな風味が楽しめます。「小田原蒲鉾」は弾力があり、こちらも食感のよい一品とされています。

これに加え「昔ながらのシウマイ」3個、「筍煮」「ピリ辛こんにゃく煮」「人参煮」「蓮根煮」「玉子焼き」「きゅうりの漬物」が入れられています。このほか甘味として「マンゴーわらび餅」も詰められています。旬のマンゴーが用いられたトロピカルな味わいの夏らしいデザートとされています。