崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」

崎陽軒から、横浜市歴史博物館とのコラボレーションとしてJR東日本品川駅と企画した「品川駅仮開業150年記念弁当」が登場します。6月10~12日の3日間、事前予約限定、店舗限定、数量限定で販売されます。

品川駅仮開業150年記念弁当

崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」

1872年6月12日に品川~横浜間に鉄道路線が仮開業してから150年を迎えることが記念され作られました。仮開業当時、品川の海で海苔の養殖が行われていたことが表現された「ちりめんじゃこと海苔のチャーハン」をはじめ、江戸名物「ねぎま鍋」がイメージされシウマイ弁当の鮪の漬け焼とねぎが炒められた「ねぎま炒め」、江戸時代より東京の特産品とされた小松菜とあさりが合わせられた「小松菜とあさりの和え物」など、品川、東京らしさが表現されています。

崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」

掛け紙には、横浜市ふるさと歴史財団が運営する横浜開港資料館が所有している品川駅仮開業当時の高輪の海沿いを走り抜ける列車の風景が描かれた錦絵がデザインとして用いられています。

さらにJR東日本品川駅社員によりデザイン原案が制作されたしょう油入れ「品川駅仮開業150年記念ひょうちゃん」2種のうち、いずれか1個が封入されています。

崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」

弁当を受け取れる店舗は品川駅構内催事店舗、大森とうきゅう店、グランデュオ蒲田店、アトレ川崎コンコース店、アトレ川崎店、鶴見駅西口店、シァル鶴見店、シァルプラット東神奈川店、崎陽軒本店ショップ、横浜駅中央店、シァル桜木町店、桜木町駅店が予定されています。