松屋「洋風ガーリックポークステーキ丼」

松屋で、「洋風ガーリックポークステーキ丼」が5月17日午前10時に発売されます(一部の店舗をのぞく)。

洋風ガーリックポークステーキ丼

昨年販売されたメニューの中で、お客から1、2位を争うほどの支持を得た「洋風ガーリックポークステーキ丼」が復活販売。分厚くて柔らかな豚肉と松屋が得意とする“ガーリックテイスト”の香ばしいソースを絡めた「ポークステーキ丼」は、クセになること間違いなし。ひと口頬張るとニンニクの香りと味わいが一気に広がります。

豚肉は噛む度にうま味がしみ出し、“肉が食べたい”という欲求を存分に満たしてくれる丼。ポークステーキ由来の旨味と洋風ガーリックソースが染みこんで、ご飯だけでも十分な美味しさです。

松屋「洋風ガーリックポークステーキ丼」

今年は、丼ぶりの味を引き立てる脇役としてポテトサラダが登場。ガーリックソースとポテトサラダを絡ませて食べても絶品です。

店内・持ち帰り同一の税込価格は630円。肉が2倍の「洋風ガーリックポークステーキ丼 ダブル」は1,030円。持ち帰り可能。持ち帰りにみそ汁は付きませんが、別途60円で購入できます。        

松屋「洋風ガーリックポークステーキ丼」

発売を記念して「洋風ガーリックポークステーキ丼」を注文した人を対象に、5月24日までライス大盛が無料サービスされます。