セブン‐イレブン「浅草ハイボール 電氣ブランサワー」

首都圏のセブン‐イレブンの酒類取扱店舗で、東京・浅草の有名店「神谷バー」の味わいを楽しむことができる「浅草ハイボール 電氣ブランサワー」が先行販売されます。発売日は5月16日。アルコール分は5%。価格は162円(税別)。

浅草ハイボール 電氣ブランサワー

「浅草ハイボール 電氣ブランサワー」は、オエノングループの合同酒精が製造・販売し、明治時代から東京・浅草で多くの人に親しまれている「神谷バー」で人気の「電気ブラン」を使用したハイボールです。人気の「電気ブラン」を炭酸水で割ってオレンジスライスをトッピングし、飲みやすくした「電氣ブランサワー」の味わいをイメージしており、炭酸水を加えるだけでなくオレンジ果汁を加えることで、電気ブランの独特な味わいとオレンジの爽やかさを楽しむことができます。

「電気ブラン」は、ほのかな甘みの中に感じられるビリリと刺激的な舌触りが特徴のお酒で、1893(明治26)年頃に神谷傳兵衛によって生み出されました。当時から、「神谷バー」の看板メニューとして親しまれており、現在でもストレートやサワーなどさまざまな飲み方が楽しめます。

パッケージは、明治時代から浅草で親しまれている同店と、訪れたお客さんのイラストを描き、浅草の観光地として馴染みがあることや旅情感を演出しています。また、裏面には、同店の歴史と、「電気ブランサワー」の味わいについて記載しています。